😛 反対に、あなたの会社に飛び込みで営業マンが来社し、あなたが窓口となって対応するのであれば、あなたが「目上」となるため、まずはあなたが相手の名刺を受け取るという事になります。

8
もし、先方さん複数人のうち、誰かが発言したとき、 「今のご意見、とても参考になりました。 名刺をしまうタイミング 受け取った名刺は相手が名刺を収めない限り、基本的にはテーブルの上に置くなどして面談が終わるまで出しておくのがマナーです。

☘ 1、スムーズに名刺交換ができるように、大体の人数分の名刺を名刺入れから取り出しておき、名刺入れの上に名刺を置いて手に持っておきます。

4
なお、受け取った相手の名刺は、すぐに右手を添え、両手で持つようにしましょう。

☕ 受け取った名刺はポケットに入れず、名刺入れへしまう 受け取った名刺を、直接ポケットなどに入れるのは失礼にあたります。 ポケットや財布から直接名刺を出す 名刺切れにならないように、ポケットや財布に予備の名刺を入れておくケースがあるかもしれません。 名刺をテーブル越しに渡さない。

14
名刺をしまわずに置いておくことで、商談中に相手の名前を忘れてしまってもすぐに確認できます。 名刺をテーブルに置く 受け取った名刺は両手で持ったまま、テーブルに置きます。

🤑 名刺交換の場で、スムーズに名刺を渡せるよう準備を整えましょう。

3
また、ほかの人が名刺交換をしているあいだも、自分自身が関係なくても立っておくのがマナーとされています。

🤘 そして、名刺交換と自己紹介は、あなたをプレゼンテーションする貴重な機会です。 相手に威圧感を与えず、柔らかい印象を与えることができます。 受け取った相手の名刺は、名刺入れと下にある指で挟みます。

4
渡す前にしっかり確認。 もらった名刺はいつしまう? もらった名刺はどんなタイミングでしまえば良いのでしょうか。

👍 自分の胸のあたりに持って構え、 自分の名前を相手の方に向けて、 右手で差し出します。

2
自分の上司が客先の2名とあいさつを終えるまで待っている必要はなく、同時並行で進めてかまいません。 必要な名刺の枚数を用意する 複数の人に名刺を渡す場合は、人数分の名刺をあらかじめ用意します。

👍 名刺をしまうのは、基本的にはその商談や打ち合わせが終了してから。 自分が名刺入れを探している間に、先方がすでに名刺を差し出していたら、お待たせしないように「頂戴します」と言って、いったん名刺を受け取り、その後、名刺の準備ができた時点で「申し遅れました」といって自分の名刺を差し出しましょう。 名刺の渡し方はとても重要。

18
金銭的なゆとり• まずはそれぞれの流れを見ていきます。 企業のロゴや印字された氏名に指を置いてしまうと、相手を軽んじているといった印象になってしまいかねません。