🤙 操舵応答の向上やフラットな乗り心地によりスポーティな走りを実現した。 - プラットフォーム、パワートレーンを共用。

18
トヨタのSUVでは初となる、全てのトヨタ系ディーラー(トヨタ店 ・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店)での取り扱いになった。

⚐ その1年後に、プリウスと共通のプラットフォームやハイブリッドシステムを搭載するC-HRが加わったから、プリウスのユーザーはC-HRに奪われた。

2
4km/Lを実現(4WD車、JC08モード走行燃費)。

👇 2種類のパワートレイン、1. 概要 トヨタの次世代として、世界100か国で展開されるコンパクトである。 9秒で加速。 0L自然吸気を搭載。

このクルマは、「我が意の走り」をコンセプトに掲げ、「レスポンス」「リニアリティ」「コンシステンシー」を追求し、運動性能にこだわった開発が行われました。 安全装備では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車標準装備し、安全運転支援に貢献。

⚑ また、走行性能についても今まで中古の古い型の車しか乗っていなかったので、ハイブリット車にありがちな走りだしや加速性能は全く気になりませんでした。

外観に強い魅力を感じないユーザーは、C-HRのボディ形状を大きな欠点と受け取ってしまう。

☯ プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2015年9月15日 ,• 本体 価格 223万円 支払総額 232. しかし、マイナーチェンジの効果は出なかった。

16
トヨタの視界に関する社内基準も辛うじてパスしたという。 2017年に4位に入ったのは、上半期に数多く売れた実績があったからだ。

⚐ コース上にまかれたオイルを踏んでスピン・接触するトラブルに見舞われながらもSP2Tクラス2位、総合56位で完走を果たした。 内装はシルバーステッチとGRエンブレムを施し、スポーク部をダークメタリック塗装とした専用本革巻き小径3本スポークステアリングホイールが採用されたほか、GRエンブレムとシルバーダブルステッチを施した専用スポーティシート、アルミペダル、GRロゴ付専用スタートスイッチなどが装備された。 C-HRといえば、2016年12月に発売され、2017年4月にはコンパクトSUVながら、登録車1位を記録し、発売から2017年6月までの7か月間で2位2回、3位1回、4位2回を達成。

8
グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-NGX10 1196cc 5 CVT FF 5名 16. トヨタC-HRの後部座席の足元空間はどのくらいの広さだった? 狭いと言われているこの新型モデルの足元空間 ニークリアランス は、どのくらいの広さがあるのでしょうか? 運転席を私が運転がしやすい位置 真ん中よりもやや後ろ に設定した時の後部座席の足元空間 ニークリアランス は、このような感じ。

🤘 5kgm/3600rpm モーター最高出力:72ps モーター最大トルク:16. 決勝では人為的ミスにより燃料切れが起きたが、1時間ほどでレースに復帰。 2016年12月14日 同日、日本仕様を発売。 2Lターボ・6速MT車同様に平成30年排出ガス規制適合となり、従来リアウィンドウの右側に装着されていた「低排出ガス車」ステッカーが装着されなくなった。

17
2020年8月4日 一部改良および特別仕様車「G"Mode-Nero Safety Plus"」、「G-T"Mode-Nero Safety Plus"」が発売された。 2LターボとGRスポーツに設定 しかも 6速iMTが設定されたことはクルマ好きにとっては朗報だ。