❤ 返信や連絡の時間帯などによっては、「早速の」「早々の」といった言葉を付け加えることで、敬語としてより丁寧な印象を与えることができます。

20
「ご連絡いただければ幸甚です」 「幸いです」の代わりに「幸甚です」を使う「ご連絡いただければ幸甚です」といった表現があります。

🤞 しかし、この幸甚という言葉はなかなか見ませんよね。 ところが、敬語にはまた別のルールがあるのです。

4
* シールが無い または 判読できない場合には、脚部の色・張地の色・キャスター付かどうか、1脚あたりのキャスターの数などをお知らせください。

🙄 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「いつも ご利用 くださりありがとうございます」 「いつも ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 目上の人から自分が物をもらうと表現したければ「いただく」を使い、目上の人が「くれる」のであれば「くださる」を使います。 「ご連絡させていただく」は相手の許可が必要 一見丁寧な言い回しに聞こえる「ご連絡させていただく」という言葉ですが、「させていただく」とは基本的に他者の許可を得たうえで使用される言葉です。

com 「ご連絡させていただきます」に類似した表現を幾つかご紹介しておきましょう。

👇 ただし、個人の受け取り方の違いや、使う場面によっては不自然なこともあります。

「する」の謙譲語は「させていただく」、 丁寧語は「いたす」になりますが、なるべく具体的な動詞に言い換えましょう。

☺ 何卒よろしくお願い致します」 意味は「連絡してもらえたらと思います」 のようにお願いすると丁寧です。

丁寧語である接頭語「ご」と「あげる」「与える」という言葉の謙譲語である「差し上げる」という使い方は二重敬語のようにも見えますが、別々の敬語を組み合わせているのではなく「ご~差し上げる」という形でひとつの敬語表現です。

🐲 何卒宜しくお願い致します。

2
メールで「ご連絡いただければ幸いです」とは? 社内で社員からの返事を催促する際に、「ご連絡いただければ幸いです」といった表現はとても役立ちます。