🔥 明るいだけの未来ではないからこそ、「ごほうびは何もなし」なのかもしれないと語るエマ。 エマは人間らしくない冷酷で不気味な表情を時折見せる 引用元:原作2巻164ページ 明るく元気でいつも笑顔のエマは小さな子どもたちにも愛され、そのポジティブさで幾度となく仲間のピンチを救ってきました。

あの方との約束は、食用児全員が人間世界へ行くことです。 「人間と鬼がともに戦わずに生きていける世界にしたい」という欲望を阻害するもの ということになります。

🚒 ムジカはエマに会えて本当に良かったこと、違う世界に暮らしていても忘れないと心に思い浮かべます。 レイの発言やソンジュの反応 4巻でエマの骨がイザベラに折られた際、レイは「エマなら足はすぐに治せる」と発言しています。 最初はふさぎ込んでいたエマですが、今回のラストではすでに笑顔を見せており… 新しい名前で新しい自分として、おじいさんとの生活をスタートしてしまいました。

私はまだエマは何か隠していると思いますが、あなたはどう思いますか?今後も約ネバから目が離せないです。 「ごほうび」とは野望・欲望・渇望・自分の大切にしているものだと「あの方」が発言していますが、エマが一体何を「ごほうび」として要求されているかはまだ明かされていません。

💅 人間離れした身体能力 は、策略回。 エマは、本当に犠牲になっていないのだと、何度も念押ししました。

11
エマがふとした瞬間に失った記憶を思い出す• 鬼すら殺したくなくなかったエマが、最上級の人肉を食べる立ち場になるというのはかなり皮肉な話ですよね。

♥ 大好きな家族と過ごした記憶はエマにとってかけがえのない思い出。

12
その年に実った一番質の良い肉を献上すること• だよな。

😝 食用児たちは、1000年の間ずっと奪われ続けてきました。 ピーターパンのお話では、ウエンディ達がイギリスへ帰ってからも何回かピーターはウエンディを連れに来てネバーランドで遊んでいます。

15
それは 「きみの遺伝子情報がほしい」 だと考えます。 ムジカに声をかけられたエマは、勢いよく抱きつきます。

🐾 また、これらのどれも「人間と鬼がともに戦わずに生きていける世界にしたい」という欲望を阻害するものではありません。 互いに二度と逢えなくなる覚悟を決めて、ちゃんとお別れするのではないでしょうか? レグラヴァリマを倒した時に感謝を告げたエマですが、あれがソンジュやムジカたちとの最後の別れになるのは、寂しいと個人的に感じています。

14
順に目を覚ました子供たちは、喜びの声をあげて無事に人間世界へ到着したことを喜びます。 そう信じて、食用児たちは人間世界へ行く意思を固めます。

☢ これはしっかり叶えた上で、「家族が笑顔になる」「両種族が存続する」といった望みを妨害するものとなるだろう。

5
食用児たちには、色々と楽しませてもらったからそれでいいとのことでした。 きみの体(肉)が欲しい• 約束のネバーランド178話ネタバレ最新話速報 ママ……もう私も涙で全然読めなかったよ……レイ……最後の一瞬でも、ママに甘えられて、ママも嬉しかったと思う。

🤞 しかし、それは嘘だったと明かされる。

4
「全食用児で人間の世界へ行く」というところがクリアできないのだ。