👆 ただ、前の単語が振り仮名を伴なわない漢字の場合はひらがなのほうが見やすくなるように思います。 " In America, this is more often used with someone asks a question, needs help with customer service, or maybe even technical support. A ベストアンサー 「くださる」と「いただく」には、 A:「くださる」のは読み手や聞き手側の行為に用いる B:「いただく」のは書き手や話し手側の行為に用いる という違いがあります。

19
連絡という言葉に、「ご」をつけることで、相手を敬う気持ちを表現しています。

🙂 ご連絡いただきありがとうございます 連絡をもらったことに対する感謝を伝えられるのは、「もらう」の謙譲語である「いただく」を組み合わせた言い回しです。 『有り難い』はもともと『有ることが難しいこと』、つまり『めったにないこと・珍しいこと』を意味する言葉です。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。

9
しかしながらこの表現は状況や相手によっては失礼にあたることが多いため、基本的には使わない方が無難です。

🔥 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご連絡〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご連絡〜」 「たびたび恐れ入りますがご連絡〜」• あるいは… 「ご連絡くださり、ありがとうございます」としてもOK。 また、丁寧なメールをいただけば当然メールを受け取る側もビジネスは関係なしにうれしいものです。

17
・・・てよい 連絡してよい。 ご連絡いただき感謝申し上げます より丁寧に伝えたければ、「ご連絡いただき」「ご連絡くださいまして」などの表現とともに、「ありがとうございます」を「感謝申し上げます」などの言葉に言い換えるとより丁寧です。

❤️ どちらも同じように使える ということで、 「ご連絡いただく=連絡していただく」なのか「ご連絡くださる=連絡してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 申し訳ない。 結論としてはどれを使っても丁寧な敬語です。

13
やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。

♥ 就活の際は、仕事上のやり取りに比べて、1回1回のやり取りで、何通も往復するということが少ないので、メールのやり取りがあったら、その都度「ご連絡ありがとうございます」と添えておくことが大切です。

6
本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。

🙃 ・・・てしまう 書いてしまう。 ・・・について これについて考慮する。

10
・・・ていく 負担が増えていく。

👐 いずれにしても「ご連絡ありがとうございます」と何度も何度も入れてしまうと、本当に感謝しているのかどうか、相手に伝わりにくくなってしまいます。 ややこしければ「お・ご〜いただく」セットで謙譲語と覚える 謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。

15
相手の指導してくれた労力をねぎらうために「ご指導いただきありがとうございました」というフレーズで感謝を示すと良いでしょう。 目上の人と会話をしているときや、取引先の人が自分に対して連絡をしてくれた時にも「いただきありがとうございました」を使いながら、感謝上手になることを心掛けていきましょう。

🤚 『いたす』は『する』の謙譲語・丁寧語のため、ビジネスシーンでの利用も問題ありません。 丁寧な対応へのお礼は「ご丁寧にありがとうございました」• Thank you for calling. (ご連絡感謝いたします) 「ご連絡ありがとうございます」の英語訳は内容に注意する 「ご連絡ありがとうございます」の英語訳は内容に注意が必要です。

12
「より丁寧な文にしたいから、たくさん敬語を使った方が良いのでは?」と思う人がいるかもしれませんが、この文の場合「詳細にわたるご回答を」「ご丁寧な回答を」のどちらか一方にするのが無難です。 違いは見方 結論から言えば「いただき」であっても「くださり」であっても同じような意味を表現することができます。