☯ メモリーナビ• しかし、1990年にフルモデルチェンジされたN14型4代目パルサーで状況が一変。 その他、サイドステップやリヤバンパー、ドアパネル、ボンネットも全てFRPを駆使したオーナーによるDIYだ。

13
GTI-Rのエンジンは低回転はトルクがないのですが3000rpmくらいから加速感が増し5000rpmをピークに7000rpmまでパワーが続く感じでした。

👇 サスペンションには、アペックスが少ロット生産したN1ダンパードラッグバージョンを装着。 8リッター「SR18DE」である。

9
「グループAマシンで使われていた6速シーケンシャルドグを組み合わせる予定で、それにより問題は全て解決するはず」とのこと。 そんなこんなで通常の移動にも支障を来すようになってしまったため(ピアノの伴奏合わせの帰り道に積載車呼ぶはめになったり)、次の車に乗り換えることにしました。

🤔 横滑り防止装置• 翌92年シーズンになると、モンテカルロ・ラリーで総合7位と9位に入り、スウェディッシュ・ラリーではついに総合3位を獲得する。 ホイールベース2430mm。 サーキットでもトルクのなさで立ち上がりが遅く、2ヶ月でアペックスのメガホンに買い換えました。

13
またWRC用には、6速の専用クロスレシオミッションを新規に開発した。 基本装備• このスペックのクルマが、新車で234万円で購入できたというのは、やはりいい時代だったのだろう。

🤫 GTI-RはグループAのホモロゲーションモデルだったわけです。 ギア比は第1速3. ストリート兼ドラッグレース仕様として育てられたRNN14型パルサーGTI-Rの登場だ。 パルサーの生みの親・日産自動車の歴史 第二次世界大戦前、日産自動車は日本の十五大財閥のひとつ日産コンツェルンの一員としてスタートしました。

11
クオリティは折り紙付きなのだ。

🤜 WRC(世界ラリー選手権)の参戦を前提に設計され、日産の新しいラリーウェポンとして大きな自信と期待を持ってリリースされます。 79馬力のマーチに馴らされた自分にはあまりにも 衝撃的でした。 日産パルサー・パルサーGTI-Rの中古車価格 日本ではすでに販売が終了している「日産・パルサー」、そして「日産パルサーGTI-R」。

16
オートマチックハイビーム• ストリートではビーレーシングのメインサイレンサーを使ったオリジナルデュアルマフラーを装着。 。

⌛ 3列シート• 当時読んだスピードマインドという雑誌でパルサーのN1耐久仕様がフロント8kリヤ14kという記事を読んで、これしかない、と組んだのでした。 もうこれでもかというスペックてんこ盛りで、ブルーバードSSS-R譲りの4WD(アテーサ)まで押し込んで車重は1230kg。

9
他に競合していたR32GTS-tやシルビアK's、レガシィRSなども気になっていましたが人気度の関係で割高だったのと、高校生の時にパルサーなのに速いというこの車に興味があって家にカタログなどを持っていたこともあって、最終的にこの車に決めました。

🚒 そういう意味では、無理に作ったハイパワーモデル、と解釈できなくもありません。

13
アダプティブクルーズコントロール• パルサーGTI-R(現地名サニーGTI-R)によるWRCグループAでのワークス活動は、1991年開催のサファリ・ラリーからスタート。 スマートキー• このレースでは総合5位と7位を獲得し、上々の滑り出しとなる。

🚒 0kg-mでした。

5
ワイルドスピードに憧れて装着したそうで、スタート前のパフォーマンスにも使えるパーツだ。 ドライバーにはそれを抑え込んでアクセルを踏み抜く技術と根性が要求される、まさに乗り手を選ぶ本物のジャジャ馬というわけだ。