💕 ピアスのお手入れの仕方をご紹介 それでは、実際にピアスをお手入れする手順をみてみましょう。

また柔らかいために直接肌やホースに触れる部分が増えるので注意が必要です。

😇 寝るときは、意外と汗をかきます。 ピアスを綺麗にする場合、汚れを落とす他に消毒も忘れてはいけません。

2
ピアスホールも他の体の皮膚と一緒で、洗わないと垢などが溜まり、汚れていってしまう事を覚えておきましょう。 また、市販の消毒液で消毒することもできますが、こちらの方法は肌の弱い方はかぶれる可能性がありますので、かぶれが出た場合には使用を中止しましょう。

☎ ジュエリークロスは、セーム革という鹿の皮を使ったものが一般的。

16
この ピアフロスというグッズは、 歯の細かい掃除に使う デンタルフロスと同じと考えると 分かりやすいです。 つけていたピアスを落としてなくす・・・素敵な出会いがある など、真実かどうかはなんともいえませんが、都市伝説的な意味も耳にします。

✍ しかもピアス本体にもこの臭いはついてしまいます。 またこの時期でも、前後に動かして痛みがあるような状態の場合は、ファーストピアス前半の対処方法と同様に、付け置きで洗浄してあげるのが良いでしょう。

15
逆に使用頻度が高いお気に入りのピアスは、ジュエリーケースにしまうと めんどくさい!という場合には、ピアススタンドを使うのがいいでしょう。 とくに女性がピアスをつければ、それだけで女らしさがグンと増しますよね! しかし意外と見落としがちなのが、ピアスホールのケア。

😋 そういった時に、 洗浄・消毒してあげることは、 非常に大切。

15
この内側の汚れは、毎日の入浴や洗顔では落としにくく、より環境が悪化してしまうでしょう。

♥ ホットソークという言い方をすることもありますが、 温かい塩水を使って、ピアスホールをお掃除します。

7
少しでも 雑菌が入らないようにするには、 清潔を保つことは必要不可欠なので、 必ず、 保護するための専用ジェルを塗り、 雑菌が入らないよう予防しましょう。