🤩 その根拠として、AliPayを運営するアントグループが、DCEPの研究開発に積極的に参加していることを挙げるとともに、中央銀行デジタル通貨研究所所長が、DCEPは「人民元のデジタル化」であると明言していると説明した。 「双12」のオンラインショッピングではデジタル人民元による支払いが2万件近くあり、「80後(1980年代生まれ)」と「90後(1990年代生まれ)」の若者が全体の80%近くを占めた。 (注1)「深セン市、デジタル人民元のお年玉、市民に2000万元分」、ChinaWave、2021年1月5日 (注2)「デジタル人民元のカード型ウォレット 初の試験使用」、新華社ニュース(中国通信社)、2021年1月6日. 事前に抽選を行い、当選した10万人のスマートフォンの専用アプリに200元(約3200円)ずつ配布。

日本は日銀が2021年度の早い時期に、実現可能性を検証する実証実験を始めると表明している。 その際には、店舗だけでなくネットでもデジタル人民元が利用できた。

🌏 未来都市建設を国家が率先して進めている中国と日本とでは既に大きな隔たりがあると言えますが、意識啓発・世論喚起にむけた国際プロジェクトへの参画、部分的にでも都市開発に最新技術を採用する取り組みが重要であると言えます。

6
今回は店舗での支払いだけでなくオンラインショッピングにも使用可能となり、正式発行を想定した形となっている。 蘇州市はデジタル人民元の実証実験に指定された4都市のうちの1つである。

⚠ また、初の試みとして、通信環境が悪いエリアでも支払いができるよう、オフライン決済の機能も取り入れた。

17
中国は習近平主席の元、ブロックチェーン技術の開発・推進を表明している。

👆 市民は、市内のスーパーや飲食店など1万店舗でQRコードをかざしてデジタル人民元を支払った。 これまで決済アプリを利用してきた深セン市民の一部は、実証実験に冷ややかだ。 このデジタル人民元は蘇州市内の商店や飲食店で支払いに使えるほか、中国インターネット通販大手の「京東集団(JDドット・コム)」のオンラインショップで利用することができた。

4
中国ではすでにキャッシュレス・モバイル決済が普及しているが、現時点ではアリババグループ系の「Alipay」やテンセント・ホールディングスの「WeChat Pay」が有名だ。 これに加えて、中央銀行は、四川省成都市、河北省雄安市、及び2022年冬季五輪会場でデジタル人民元の実証実験を行う予定だ。

😎 また、Proof of CapitalのEdith Yeungは、中国政府はデジタル通貨の電子決済フレームワークとその展開について今後6〜12か月以内に展開されると語っています。 最近では「Blockchain as a new core of Smart City」といった議論も活発に行われており、デジタル通貨の利用のみならず、人工知能、ブロックチェーン、IoTを導入したデジタル都市の設立を目指す雄安新区の取り組みは、 「デジタル通貨と実体経済の発展」と言った観点からも大いに注目するべき事例であると考えられます。 日本は日銀が2021年度の早い時期に、実現可能性を検証する実証実験を始めると表明している。

12
また、中国人民銀行副総裁であるFan Yi Fei氏が、2022年に中国で行われる予定の北京オリンピックで、デジタル人民元を発行する予定との見込みを示している。

☘ また、ネットにつながっていない状態のオフラインでも、スマートフォンでデジタル人民元が利用できた。

アメリカや日本、インドによる「インド太平洋」構想と中国やヨーロッパによる「一帯一路」はさらなる国際秩序をもたらすとも予想されますが、「デジタル人民元」が決済インフラとして国際的に普及した場合には、基軸通貨である「ドル」の影響力が低下することも考えられます。