🍀 「希少性が高く、エキゾチックな豆。 ボトルやタンブラーなどコーヒーに関するアイテムからメモ帳や鉛筆といったステーショナリー、バッグやキーホルダーなどのアクセサリーも用意する。

5
また、1階と2階の両方に、イタリア発祥のベーカリー「プリンチ」の商品も提供する。 2階がメインフロアとなり、スターバックス リザーブ ロースタリーやプリンチのさまざまなビバレッジとフードを、朝食、ランチ、カフェタイム、バータイムのニーズに合わせて楽しむことができる。

🚒 ここでは、東京・中目黒に開業した「 以下:ロースタリー 東京 」で焙煎された、「スターバックス リザーブ」ブランドのコーヒーだけでなく、イタリアンベーカリー「」のパンやサンドなどを味わえる。 <1階イメージ> 1階では、持ち帰り専用としてクイックに利用できる商品を取りそろえ、これまでの居心地のよい空間、サービス、商品に徹底的にこだわり、提供してきたスターバックスのノウハウを生かし、お客の体験価値をさらに高める。 米シアトルに本拠を置くスターバックス コーヒーは、1996年に北米以外では初の海外1号店として、東京・銀座にオープンした。

10
55席とThink Labの個室17室を用意する。

💅 さらに同僚や友人との食事に、またコーヒータイムのおしゃべりなど、店内の時間をゆっくりと過ごせるよう、複数人で利用できる客席レイアウトへと変更されますよ。

3
9月4日に予約受付を開始し、9月9日から予約座席の利用を始める。

⚛ 予約可能時間は18時~21時30分、予約可能人数は2~12人、予約可能席数は最大12席、予約可能時間は最大90分。 ランチデリプレートメニュー(タボラカルダ、タボラフレダ) 主力商品のランチプレート「TAVOLA(タボラ)」は、選べるサラダやラザニアにフォカッチャのスティックを添えたランチプレートです。 タボラとは、イタリア語で食卓を意味し、仕事仲間やショッピング、観光などで来店した人々のランチタイムに、好みのドリンクとフードを囲んで家族と過ごす食卓のような、豊かな時間を過ごしてもらいたい想いを込めた。

味に深みを出すのは隠し味のアンチョビ。

♥ 以前より利用客からは「ゆっくり食事ができるスタバがあったら」という声もあり、「友人、恋人、家族、職場の仲間と、ゆっくりとした空間の中で美味しい食事とビバレッジを楽しんでいただきたい」という思いで店作りを行なった。 内容はラザニア+デリ1種+リーフサラダ+フォカッチャです。

発売当日は、同店でも多くの利用客がリザーブを注文する姿が見られた。

😗 ロースタリー 東京で焙煎されたスターバックス リザーブブランドのコーヒーやビバレッジ、などのメニューをラインナップし、ランチプレート「タボラ(TAVOLA)」やイタリアンドルチェといったフードメニューを充実させた。 [広告] ほかにさまざまな種類の茶葉を使ったティーブランド「ティバーナ」、ビールやワインなどのアルコール類も用意。 さらにビバレッジメニューでは、「スターバックス リザーブ(R)」のコーヒーの魅力を存分に堪能できるように、「モッドバー プアオーバー」や「クローバー」、「ブラックイーグル」など、6種類の抽出器具からお好みのものを選んでいれたコーヒーやエスプレッソビバレッジが用意されています。

19
「希少なコーヒー豆のストーリーを聞くお客さまなど、バリスタとの会話を楽しむ方が多かった」とスターバックス広報の坂佳果さん。