👇 モーニングスター社の「ファンドオブザイヤー2019」国際株式型(グローバル)部門で、優秀ファンド賞に選定。

三井住友トラスト・アセットマネジメントは次のように述べている。

⚔ 投資先の国別では、米国株61. 00% 5Gを軸にIoTや半導体、SaaSなど次世代で成長分野として期待の高い銘柄が多く含まれています。 従業員数は1900名にのぼるので、かなり大きな運用会社です。

19
電話 ご購入・ご解約時に直接ご負担いただく費用 お申込手数料 (1万口あたり) お申込金額(手数料込み)に応じ、基準価額に対して以下の手数料率を乗じて得た額 お申込金額 手数料率 1,000万円未満 3. IoTというのは、Internet of Thingsの略で、身近にある色々 モノをネットワークでつなげることで、情報のやりとりを 可能になることを言います。

🌭 この他、「マネープールマザーファンド」受益証券にも投資します。 純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の 総額だと思ってください。

13
5G投資信託「THE 5G」が人気沸騰 次世代テクノロジーの投資信託(ファンド)の人気をけん引しているのが「次世代通信関連 世界株式戦略ファンド」です。

❤️ 主要投資対象ファンドにおける投資銘柄は、アジア次世代通信関連企業の中から技術・サービスの先進性に着目し、分析を通じて、や株価の割安度を検証したうえで選定します。 インターネット• 投資対象国の株式の中から、成長性があり、かつ株価が割安と判断される銘柄を中心に投資します。 2019年末の9位から急上昇中です。

5
商品分類 追加型投信/内外/株式 決算日 毎年 1月7日(決算日が休業日の場合は翌営業日) 取引窓口• 過去にインターネット・トールキーパー企業といって、 インターネットを積極的に活用することで売上の増加が 期待できる企業に投資をするファンドがありました。

😇 「アジア5G」ファンドも登場 2019年から5Gのサービス提供がスタートし、世界の需要は拡大傾向です。

2
取引や商品ごとに手数料等およびリスクが異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。

😎 「THE 5G」に対する関心の高さが「THE ASIA 5G」にも波及するか注目される。

4
ただ、「THE 5G」が次世代通信技術の発展によって業績面での恩恵が期待される「世界の次世代通信関連企業」を対象とするのに対して、「THE ASIA 5G」は「アジア次世代通信関連企業」を対象とする。