☏ シーズンオフに行われるイベント「ちびっこ野球教室」で登場。

『13』『14』では、プレイ最長期間が大幅短縮 1年 の代わりに、監督采配が出来る プレイングマネージャー編と、独自の年間目標を設定された 優勝請負人編と 引退の花道編があった。 チャンピオン大会(大会) [ ] 『12』『13』に登場。

☯ モバイル・パワフルプロ野球2012 for auスマートパス(au対応) - 会員専用だが端末にも対応となった。

2
:ストレートが、調子により一定の確率でシュート方向に変化する。

🐾 グラフィックがフルポリゴンで表現されるとともに、ユニフォームのデザインが細かく再現されるようになった。 応援曲作成モード [ ] 『12』から登場。 コンシューマ版に先駆けて、ホームラン競争モードが新たに追加。

新人の発掘・獲得 登場選手は架空。

🔥 守備力 守備の上手さ。

18
(PS3・PSP) -• サクセスモードで作った選手・OB選手・ホームラン競争で獲得した選手などを入れることもできる。

😎 、とのコラボレーションバージョン(横浜球団、ドラゴンズ公式サイト限定)もあった。 カーブと同様に、少し浮いてから落ちる軌道を描く球種。 なお、適正のないポジションを守らせることも可能であるが、この場合守備力に大幅なマイナス補正を受ける。

4
『パワプロ2000決定版』及び『パワプロ7決定版』では同年のリーグ・・・のが道路交通法違反で起訴された為登場していない。

☣ モバイルパワプロ一球速報(NTTドコモ・au・ソフトバンク対応) - 実際のプロ野球の試合経過をパワプロの画面で再現。 スポーツゲームに実況音声を収録したのも『パワプロ'94』が初とされている。

2
闘志 重い球の効果が少し発動する。 ゴールドグラバー(守備職人)• 他の野球ゲームにコンピュータ同士を戦わせるモードがあるものは意外に少ない。

🙃 球速は速い。 これ以前の携帯ゲーム機版には実況が搭載されていなかったため「実況」のタイトルが入っていなかったが、本作より晴れて『実況パワフルプロ野球』が携帯ゲーム機に上陸した。

3
駒田はプロ初打席が満塁本塁打、6年連続で満塁本塁打を記録するなど、現実でも「満塁男」の異名を持つ。