✆ 3話からなる6000文字の短編です。 「カクヨムでがんばっていこうと思っていた俺が経たずに撃沈一歩手前っぽくなっている件」だ。

18
逆に言えば読者を意識する必要がないので、好きなように書くだけですね。 どうか頼む。

☺ 本気でコンテストの上位入賞を目指している方にとっては、これは痛し痒しのシステムかもしれませんが、まぁ致し方ない部分はありますよね。

6
これは 圧倒的になろうの勝ちです。 魔女的エクアージュ~失恋の腹いせに世界を破滅させる物語~(SF)• だ、俺もまだがんばっていく。

👇 まず、ランキングの基準ですが、読者からの作品の評価のみならず、その作品に関係する様々な指標をもとに、カクヨム独自のアルゴリズムで計算された数値によるものです。 カクヨムの求めているもの コンテスト概要にも書かれていますが、カクヨムが求めているものは、読者と交流しその声に耳を傾けて作品を見つめ直すことで、より良い作品を創り上げ、より多くの人々に楽しんでもらうことです。

2
作者・読者が、勝手に企画を立ち上げて作品を募集できる機能。 で、1ケタでもこの、相当マズい。

☢ 利用者が増える• あ、開催中なのに、応募作の一つなどの数作をので流したぐらいですかね。 その他、特定タグなどに紐付けたピックアップコーナーなども設置いたします。 これは、読者が自分好みの作品に最短で辿り着けるように、という考えによるものです。

探せばいくつかあるのだけど、詳細にができないかと思っている。 作者としては嬉しい機能。

⚛ 【小説研究】シリーズということで今回はサイト別で人気の小説ジャンルを探していこうと思います。 文字数8. 自主企画は、なろうにも導入して欲しい カクヨムには自主企画というコーナーがあります。 主な調べ方としては総合評価・ブクマ数・文字数など。

まずはツイッターのようにフォローしてフォロワーを増やせという事なのでしょうが、コミュ障の私には正直荷が重い。

😚 ただ、お読みになるだけでしたら、にログインする必要はありませんので、ご興味がございましたら、お読みいただければ、飛び上がって喜びます。 このくらいしか、努力のしようがないのかな、と思います。 1話ブラバによるPVではなく、50話、100話まで読んで頂けているということは、 一定の評価を得ていると考えるのが妥当なところではないのでしょうか。

2
が20人ぐらい集まって「書いてみた!」でも作れば、楽勝でをさせられる現状。

☘ で、この有志の「カクヨム」と、のを見比べると、 あれれ、おっかしいぞー、がかいる人がいっぱいだー。 こちらは30回以上は書き直しました。 また、 自分でレビューを書いた時もなろうよりカクヨムのほうが他の人に見てもらいやすい。

17
書籍化を狙う場合は、多くの読者に面白いと思ってもらえる作品を作らないといけません。

🤫 カクヨムは大器晩成型の小説投稿サイト 「小説家になろう」や「アルファポリス」のように、出だしで掴んで人気をとる小説投稿サイトがスタートダッシュ型だとすれば、「カクヨム」は読者との繋がりを大切にし、レビュワーが更なるレビュワーを連れてきてくれて人気が出る大器晩成型の小説投稿サイトだと思います。 登録も簡単だしぜひ使ってみて 小説家になろうとカクヨムの二重投稿規約 では、念のために小説家になろうの二重投稿についての規約を見てみましょう。

4
他の作者や読者さんとのコミュニケーションは取りやすそうなので、交流を図るのが好きな人は楽しみながら執筆できるんじゃないかなって思います。 Webろんなで尖っているのだ。