♨ 相手を殴り倒そうとする八重だったが、いとも簡単に止められてしまう。 「鬼と仲良く」と言った口で、鬼にとっては惨いとしか言い様のない和解方法を和やかな表情で話すのは、このような経緯があったからであろうと思われる。

義勇に放った「だから嫌われているんですよ」という言葉はしのぶの本心から思わず出てしまった言葉かもしれません。 そんな想いも叶わず、父親は攻撃を仕掛けてくる。

🌏 容姿 紫に染まった毛先と後頭部に着用した蝶の髪飾りが特徴。 義勇のことを「義勇さん」と下の名前で呼ぶことがあるのも、柱の中でしのぶだけです。 鬼に襲われた重要参考人として、八重に話を聞きに来たようだった。

11
逆に義勇には助けに駆けつけるので本気ですね。

🐾 皆目検討がつかず、しのぶは小首を傾げる。 画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」8巻 この表情の違いを見るに、義勇がしのぶに対して、他の仲間より強い気持ちを抱いていたのは間違いなさそうです。

なお、目の前で恩人が仲間から嫌われていると告げられた上、それをかなり気にして否定するという兄弟子の発言を聞いたの心中は察するに余りある。

☮ 仕方なく早々に抵抗を諦め、半眼で義勇の顔を仰ぎ見た。

9
そのため、危なっかしい彼を 放っておけないと考えていました。

☣ 一方で、下手に毒を乱用すると無惨を通じた鬼の情報共有能力で抗体を作られてしまう為、諸刃の剣と言える。 父親の血が金具に付着し、それが固まってしまい銃が作動しなかったのだ。 風を遮り、溜まった蝋を押し流そう。

6
何て聡いんだ、お前は 菫色の瞳に全てを見透かされている気がして、義勇は静かに驚嘆する。 お互い柱になって初めて出会ったのかもしれませんが、しのぶは蝶屋敷で治療を担当しているので、それ以前にも接点があった可能性はあります。

😭 義勇は口下手なので何も語りません。 用件があるのなら、いつものようにさっさと伝えればいいものを。

3
そこへ義勇が、自ら行うと話します。

💖 このお話では、ふたりの数々の 面白いエピソードが生まれます。

10
商品到着後7日以内にご連絡ください。 そしてもう一つは大切な人の形見となる品を二人とも羽織にして着用しているというところです。