👍 1年以上前から動く菅首相、動けない玉城知事の事情 市長選で最大の争点となるのは、米軍那覇軍港(約56ヘクタール)の浦添市沿岸部への移設受け入れの是非だ。 このきれいな海を守り、子どもたちの未来に引き継ぐ。 今回の浦添市長選では松本さんの陣営は参加を呼び掛けず、伊礼さんの陣営は延期して街頭で実施するなど、異例の対応だった。

2013年、市議選に初出馬し、トップ当選。

⚒ 1月の宮古島市長選に続き、自公勢力、玉城県政を支える勢力のいずれもが、来年の県知事選に向けた前哨戦と位置付けており、今後の選挙戦や政局に大きな影響を及ぼす重要な選挙となる。

5
当選したのは、現職の松本哲治氏(53)=自民・公明推薦=で3選目です。

👉 看護師の経験を生かして玉城県政と力を合わせて検査体制を拡充する。 伊礼氏を支える市民団体によると、社大、社民、共産などの支持を受ける予定。 しっかりと市民のための政治をやる。

18
伊礼氏は共産党を離党しており、政党の推薦を受けず無所属で出馬する。 小さいころからの思いで看護への道へ進み、その後も人のためになる生き方をしたいという考えから、より多くの人のためになれるように政治の世界へ進出したのかもしれませんね。

🤑 7日に投開票される。 新型コロナウイルス対策では、医療現場の疲弊や自殺者数の増加に触れ「国の制度のはざまでこぼれ落ちたものを浦添市で拾い上げていく」と語った。 市政を変えるしかない。

軍港反対で全力共闘 山本藍・水の安全を求めるママたちの会代表 きれいな海を埋め立てて、新たな米軍施設を押し付けることに、声を上げなければならない。

👏 一方、社民、社大からは反発の声が出ている。 私たちの未来を語ろう」と呼び掛けた。

4
県立看護大卒。

📱 市民一人一人とつくる浦添市を実現するために、選挙戦を全力で闘っていく。 皆の力で追い越そう。 2013年、市議選に初出馬し、トップ当選。

16
伊礼氏と一騎打ちだった現職は当初の公約を破り、米軍那覇軍港(那覇市)の浦添市西海岸への移設(新軍港建設)を容認しています。

😂 県は29日、宮古島市内での新型コロナウイルス感染者のうち、7人が市長選に関連すると発表した。

今、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないが、それは政府の失敗だ。