📲 ただし、この 「幼児」には注意が必要なんです! 幼児が無料になるのは、あくまでも座席を要しない場合のみ。

ただ、小さいお子様が長時間ジッと座っているのは、難しいと思います。

🤑 JRの大人料金は、切符を購入して乗車する場合が190円、ICカードを使用して乗車する場合が185円となります。 ただし6歳未満でも1歳以上の幼児はこども料金が必要となること、旅行商品になる為、乗車10日前からキャンセル料金がかかるので、 よく検討してから手配をしましょう。

12
今は中学受験の勉強中なんですが、受験が終わったら、少しは英語の勉強してもらわねば、と思っています。

📞 無料の期間である年長さんの時期にたくさん電車を利用したくなりました。 ・大人1人につき、幼児が3人以上いるとき。

窓口に行って買いましょう。 一般的に座席を占有する場合は小児料金、しない場合は幼児料金の場合が多いので、電車の場合も同様のことが言えるのですね。

✆ A ベストアンサー 度々お邪魔します。 例3:子供2人、幼児4人の計6人で乗車する場合 子供1人につき、幼児2人まで無料ですので、 子供2人分の料金です。 など鉄道会社によって条件はかわってきます。

4
・京葉線 小児は小学生で、小児運賃は大人運賃の半額で、10円未満の端数は切り上げとなります。

✔ おとな料金170円の場合は小児は90円となります。 少しややこしいので分からない場合は駅員さんなどに確認した方がよいかもしれません。 幼児・乳児の料金 幼児、乳児は 基本無料ですが、 以下の場合は、子供料金が必要になります。

20
大人 12歳以上(12歳でも小学生は「子供」)• ・「幼児」「乳児」が1人で指定席、グリーン席・グランクラス(自由席グリーン車をのぞく)、寝台等を利用する場合も切符が必要となります。 スポンサーリンク 電車(特急券の必要な特急電車以外の在来線)の子供料金 JR東日本の場合 ・乗車券は基本的に大人の 半額になります。

⚓ 子供の成長がうれしい反面、いろいろ不安や心配が増えそうなお年頃です。 JRの規定では、 12歳以上は大人料金という事になっていますが 12歳でも小学生なら子供料金で電車は乗れます。

グリーン席(自由席グリーン車を除く)どの座席を幼児・乳児が一人で利用する場合も「こども」料金が必要となるようです。

😃 赤ちゃんと一緒に電車でのお出かけを楽しもう 初めて赤ちゃんと電車に乗るときは、ママやパパ、赤ちゃんも緊張するもの。

9
自由席特急券の場合は、たとえ席に座る場合でも乳児・幼児には「こども」乗車券は必要ありません。 中学生になったら、JRならば100km以上乗るとき、学割が使えます。

💋 子供料金のうちにもっと出かけておけばよかったと後悔する人もいるかもしれません。

6
「青春18きっぷ」という名前から若い人しか利用できないと思っているかもしれませんが、家族や友人同士で年齢を問わずに利用できるので便利です。 6歳以上かつ小学生になると「こども」の乗車券が必要で、料金が発生します。

☮ どうしても泣き止まない場合で、まだ目的地まで距離がある時には、私は1度降りて赤ちゃんのごきげんを整えるようにしていました。 切符代を追加で払うことになる、保護者や学校に連絡される、警察を呼ばれるなど鉄道会社によってペナルティーは変わってくるため注意が必要です。 JR東海、鉄道のご利用について きっぷのルール「 (2020年5月20日現在)」(2020年7月2日閲覧)• 12歳でも小学生 中学校入学前は 「こども」、6歳でも小学校入学前であれば「幼児」とみなします。

11
・大人も子供も料金が変わらない ・切符は11850円で、一人で5回、または5人グループで1回使うことができる ・JR線の普通・快速列車、JR西日本宮島フェリーに乗れる ・発売期間と利用期間が決まっている 簡単なルールはこちらです。