☯ 凱旋は2020年11月まで設置可能なので、おそらくホールは期限ギリギリまで撤去しない方針となるでしょう。 検定切れ・認定切れを迎える遊技機について、撤去期限の経過措置延長を要望した。 。

合わせて読みたい記事 パチスロの新台情報をカレンダー形式でまとめています。

😃 2連続で天井に到達し、2連続で単発終了にもなります。

10
しかしノーマルA機に関しては以下の温情が有ったようです。 こういった気持ちがありながらも、機械が売れなくなるから撤去して欲しい気持ちもあります。

😆 守られにくい環境を作って実際にこれを守らないという店舗が出な いようにしたい」と述べ、理解を求めた。

15
去年の12月、ゴッドシリーズ「アナザーゴッドハーデス」が惜しくも撤去されたあと、孤軍奮闘でスロッターを楽しませてきてくれました。

😈 元々のさよなら予定日が2020年年内だったか、2021年以降だったかによって延長期間は異なりますが、いずれにせよ 高射幸機(高射幸性遊技機)に関しては手加減ナシといったところでしょうか。 広島県以外は設置期限がずれることがあります。 規則的には設置しても何の問題もありません。

一方、今年の年末までの認定切れ撤去は経過措置終了による撤去であり、撤去しなければ違法となる。 このすべての台が 2021年1月末までに6号機に入れ替わることになります。

👀 「都道府県からの休業を含めた要請にどのように応えているのかが、いままさに遊技業界に問われている」とし、「本日以降における業界の対応が世論の動向を左右することとなり、上記の要望書に対する警察庁の判断に重要な影響を与えるものと思われる」と改めて休業を含む要請に対応するよう求めた。

11
番長3』『ハナビ』といった5号機がこれに該当する。 設定6の凱旋は、そのイメージする所に比べると安定感があり、さらにはいつもの天井狙いで打っている台(おそらく低設定)ではまったく期待できないようなルートでも当たってくれるので、本当に楽しいんですよ。

👏 あと、 約5年分の機種のさよなら予定日を列挙しているのでカレンダーが長いです…(汗)。

6
この台は、個人的にもかなり多くのゲーム数を回した台なので、無くなってしまうと様々な意味で寂しくなります。