😀 約20店舗が個性豊かで特徴のあるコロッケを販売し、街をあげて「食べ歩き」を提案していると言えば、耳にしたことがある人も多いはず。 実は、私たちはこれまで積極的に取材してもらえる環境をつくってきたんです。

11
戸越銀座はコロッケが超有名ですが、それだけではないのです。 美味しい美味しい。

😂 左:亀井さんのお店「ギャラリーカメイ」には、メガネをかけた銀ちゃんの姿が。 スパイスの辛味が加わり甘辛に味付けされており、食べ始めたら止まらない美味しさです。

8
今日までの長い道のりには、 アツい仕掛け人とほっこり温かい街のドキュメンタリーがあったのです。 ただし、ただのコロッケではありません!小さくカットされた大根が中心に入っているその名も「 おでんコロッケ70円」。

🤑 中には普通のコロッケと同様にジャガイモが入っているのですが、さらにその中心にはおでんの大根も入っており、コロッケの味、おでんの味どちらもちゃんと主張しております。 全加盟店に要点をまとめたリーフレットも配布し、詳細な内容はガイドラインを読んでもらうようにします」 ほかにもいくつかポイントがある。

20
鶏肉の間に、ごろっと乱切りの玉ねぎと、ししとうが挟まれております。 アーケードのない商店街のため、換気の面も問題ないと考えた方も多かったのかもしれません。

💋 マニュアルの必要性も強く感じて、いろいろと調べてみたのですが、感染予防についての情報はあっても、感染後にどうすればいいかがわからなかった。 都心へのアクセスは良いものの、少し考える必要はありそうです。

9
担々麺・飲茶・点心などを味わえる中華料理店。 「実は、とごしぎんざブランドのお酒を扱うのはうちだけなので、持ち方や喋り方をテレビの人によく指導されるんですよ」と照れながら、ずっとニコニコ笑顔のお父さん。

👀 また、メディア向けの間口も広げようと、取材申請書もダウンロードできるようにしたんです。 ですが具体的にどうしたらいいのか、参考になるものがなかなか見つからない。

10
一方、戸越銀座は、土地件数は24件、平均坪単価は285万円という結果になっています。 いくら「うちの店はしっかり対策している」とひとつの店が思っていたとしても、他の店がダメだと、共倒れしかねないというわけです。

😉 「商店街は個人商店の集まりですので、こうしろ、ああしろ、とは言えない。 定番から穴場まで厳選12店舗を一気に紹介しちゃいます!記事の最後にはマップもありますので、食べ歩きの際はぜひお役立てください。

戸越銀座商店街連合会 専務理事 亀井哲郎さん(右) Profile:戸越銀座商店街のブランディングに注力し、オリジナル商品の開発やメディア露出などを通して、 目立たない存在だった同商店街を都内屈指の人気商店街へと変えたキーパーソンのひとり。 今では1日3件ぐらいメディアからの取材の問い合わせがきます。

😇 ちょうど焼きたてのタイミングだったので熱々を早速いただきたいと思います。 でも今でも、地元のお客様の声だけしか耳に入ってこない、という店主の方も多い。 試験管に見立てられた入れ物に世界中の「塩」入っています。

5
そんな方が例えば、A店では消毒やシールドなどでコロナ対策がしてあっても、隣のB店ではマスクもしてない店員さんが〝密〞な接客をしていたというのを目撃したら、強い恐怖を感じるのではないでしょうか。 亀井 はい。

☕ その後、改めてメディア対応を復活させて、自主的に安全を確保したことを正確に報道してもらいました。

12
使用されているあんこは、お店で炊いた十勝産小豆を使用したもの。 戸越銀座商店街連合会(以下戸越銀座商店街)は、東急池上線の「戸越銀座駅」に接する、全長約1. 地域起点ショップ ここから お知らせ 地域起点ショップ ここから このたび地域起点ショップここからを開業いたします。