📲 5.「浜田ロジック」 図18 図18において、ピンク色の3マスには1か9が入りますね。 では、最初に手をつけるべき場所はどこなのでしょうか。 あいているマスが4つ。

12
行5列6 に配置できる数字がなくなってしまいました。 例えば、右下の4は、右下ブロックへ向けてレーザーを飛ばせばOKですね。

🤣 検証してみましょう。

7
e7とe9のどちらに入るとしても、Box2の中央列には1が入らないことになります。 で、その数字が入っていない列&ブロックの中で、その数字がどこに入るのかを考えていきましょう。

😉 レーザーは広範囲にも撃てるんです。 1方向をチェックする方法: Box2に注目してみると、Box3の2行目と、Box1の3行目に既に9が配置されているので、Box2で唯一9が入る可能性のあるマスは、e1になります。 そこから,また問題を解き続けます。

13
個数が一致しない場合は、使えない事に注意してください。 ナンプレで 背理法という言葉を使う場合 筆運に左右される仮置き と 背理法 とが区別なく使われることが時々ありますが, 背理法は 本来 あるマスに正解以外の数字を配置すると(正解の数字を配置するという命題が 偽 と仮定すると)必ず矛盾に陥る ことによって証明する方法です。

😃 排除されるマスは,余分なマスに関与するすべてのマス(行5列4 と 行3列4・行3列5(・行3列6))と同じ領域にあるマスと解釈することができます。

1つの base set で その数字が配置可能なマスの数は 3 を超えても構いません(乱戦賢い三見張兵排除の場合)。

😃 ルール【B】によると、5・7・8はダメ。 次に、「1or2or3」と表現している空マスが三つあります。

20
矢印に貫かれたマスに7が入らないことはわかりますか? ルール【A】【B】を見れば、わかりますね。

⚑ 今、ピンク色の3列において7の入り得るマスを探したとき、図4のように3ヵ所ずつあったとしましょう(他のピンク色マスに7は入りません)。 難問解法テクニック レベルが高くなると、上記で紹介した方法だけでは十分ではなく、より洗練された解法テクニックを理解することが必要です。 9) [Jellyfish] 関係する 行・列 が4つになった 賢い見張兵排除の発展系です。

それによって、右下ブロックでは8が判明します。

✔ 左の図はNice Loopの手筋を探すときの図で、強リンクを表すの記号を使っています。 それを見つけるために、まずはピンク色とオレンジ色の2列に注目しましょう。 ナンプレを楽しみながら論理的思考能力を高めるには,むしろ,名前のついた基本的な中上級のテクニックを理解し,利用することの方が有効です) 詳しくは をクリックしてください。

(ナンプレの難問を背理法を利用して解くことは その他の認知症の症状(二つ以上のことが重なるとうまく処理できなくなる,計画を立て按配することができなくなる,すべてが面倒に:厚生労働省 認知症の症状-中核症状と行動・心理症状)の予防,改善にも役立ちそうです) 解法のテクニックを利用せずに背理法に頼ってしまうと,筆運に左右されてせっかくの良問がつまらなくなるとされています。

😇 同じようにして数字の候補の中から、そのマスにしか入らない数字を絞っていくと候補が減って解きやすくなります。 3 のエリアの数字は 1 と 2 の組み合わせしかない。

7