🤙 幼い頃から父親によるを受けた影響で無痛症になるが、ジミーとのタイマンの末それを克服する。

そしてピンコは中途半端にケンカをしてしまい、ベティにカエデをさらわれてしまうのです。

🤟 連載当初は、元気印のイケイケな性格であったが、バラ学VSボタ高の5人対5人の抗争で、不意打ちで負けてからは、クールな性格に変わっていった。

6

🙌 その後バラ学に入学して1年生の有力株であるデブゴン、ジョー、タッキー、ツバサを倒し、「薔薇学少年親衛隊」というチームを結成。 現在は重い貧血症の姉の入院費を稼ぐために、音楽の道も高校進学も諦めて、の仕事やラーメン屋の仕事をこなしている。 1年前交通事故に遭い、ずっと入院していたせいで1年ダブってしまったブランクのためか弟のヒロシの方が有名である。

15
しかし友人達からは理解されず、周りから人が離れていく要因となり、孤立することの寂しさと理解してもらえない苛立ちが彼を凶暴な性格に変え、「JH3大怪獣」の1人として恐れられるようになった。 今後もギャングキングのピンコに注目です。

♨ とある事件を未だに忘れずに、力で守れる男になろうと一本筋が通った根性のある男ですが、周りからすれば異質で面倒な男です。

15
3だったハスキーを、一度の失敗でボコボコにして退学に追い込んだピンコ。 ジェットを中心とした同じ予備校だけで結成されたチーム。

☘ 髪型は後ろを結んだの。

しかし、ある日、ピンコはカエデとのデート中、ギャング達に襲われます。 「リペラー」の頭。

😃 ムチャクチャする狂暴ぶりで、キャンディには白目を向いて倒れているのに蹴り続け、仲間の静止を振り払っています。 中学時代は、正直に生きたい自分を、うまく表現できず、彼の怖さゆえに気を使われる嘘さえも許せずイライラして、暴れまわっていたが、タイマンで瞬殺されたジミーに、警官との揉め事の際に再会し助けられる。

5
ジャスティス、トラッシュと並ぶギャング界トップ3のひとつとして1巻からその名前が登場するが、その後一切の情報がなく、メンバーの1人ですら登場していない謎のチーム。

⌛ トラッシュ [ ] 「ゴミ」の意。 薔薇学少年愚連隊 [ ] ジミーを中心とした主にバラ学1年生(5巻当時)で構成されたチームと思われているが、ボタ高時代のハスキーとの一件の時にゾンビが口から出任せ言っただけで実際には存在しない。 そして、いつかアメリカにいる「勝針」に弟子入りし、世界一の「彫り師」になることがジミー最大の夢である。

ソドミーとの抗争の際に仲間に裏切られたゾンビが脱退したため、落ち目になりジャスティス傘下になるか、自然消滅寸前であったが、ジャスティスを潰すためにゾンビが復帰、キャンディを加えてチームの拡大を目指すが、人望の無い武力だけで兵隊を集めたため、幹部以外はただの「烏合の衆」になってしまった。 ジョーとは中学の時につるんでいた。