😝 【ホームズ】 【@nifty不動産】 ホームズは2件しか出ないのに対して@nifty不動産は8件表示されます。

それを踏まえると今現在おすすめなのがイエプラというサイトです。 例えば防音性重視しているなら鉄筋コンクリートマンションがいいですし、賃料を下げたいなら木造アパートや軽量鉄骨アパートがおすすめですが、構造別で検索できないとこういった検索ができないので結構面倒。

☝ 建物単位での物件の表示 建物情報ページを作り、そこから空き物件を探せる機能を追加。 まぁこれは@nifty不動産に限ったことではないので参考程度に。 参照元: Nifty不動産にはめられた。

8
不動産情報サイト全般に言えることですが、掲載物件の状況を問い合わせたら既に埋まっていたということが起こるのです。 nifty不動産の良い点 メリット nifty不動産の良い点を挙げてみます。

😎 例えば@nifty不動産に自分の条件に合いそうな物件があって問い合わせても、すでにその物件は成約済みってことが割とあるので、そうなると完全に時間の無駄になってしまいます。 「削除した事の確認を責任者の名前で返信してください」って、さらにメールしたけど、なしのつぶて。

19
アプリ版があるので利用しやすい @nifty不動産にはアプリ版があるので、サイトよりも手軽に利用できます。 苦情をいっても毎回「私が責任をもって対応します」と返され、次に電話すると担当者が変わる始末。

👀。

13
スーモ:学生に人気の不動産情報サイト• 提携している業者は2017年4月現在以下の4社になっています。

🤛 以前は色んな不動産をまとめているせいで、1ページ目に同じ物件で扱っている不動産が異なる情報が羅列されていてめちゃくちゃ見にくかったんですけど、今はそれが解消されていてかなり見やすくなりました。 現在はどのサイトよりも物件数が多いですが、実際に良さげな部屋はあんまりスーモやホームズと変わらなかったなぁというのが正直な印象。 無責任すぎる。

パソコン操作をお願いさせていただくことがございます。 ただ、今後成長する可能性を秘めているサービスで、 相場情報の検索機能は見やすくて優れています。

🙂 構造別というのは【鉄筋コンクリート】や【鉄骨造】などで検索できる機能のことで、これがあることでかなり効率的に部屋探しができるようになります。 私はなんだんかだで@nifty不動産を知ってから1年ぐらいほぼ毎日部屋探しをしていましたが、やっぱりアプリがある方が使いやすくていいなぁと思いました。

17
参照元: キャンペン中の ニフティ光への乗り換えを申し込んだが、対応が最悪。

😝 実店舗を一切持たず、仲介業者や大手情報サイトが取り扱っている物件を網羅しているのが特徴で、取り扱い物件数はなんと1,000万件を超えています。 3社以上HITならOK まずは かんたん入力で相場情報の結果表示から対応不動産の確認までしてみましょう。

ご契約内容の変更• 物件数の多いホームズと@nifty不動産で同じ条件にして検索してみました。 内見するにもそれぞれ別の不動産を利用して・・・なんてことをする羽目になるので完全に効率の悪い部屋探しになってしまいます。

☕ 建物名の情報には株式会社ゼンリンのデータを使用 建物名の情報には、自社保有データに加え、地図アプリやカーナビなどにもデータを提供している株式会社ゼンリンのデータを使用しています。 nifty不動産の評価 nifty不動産を勝手に評価してみました。 マイナビ賃貸:満足度の高い不動産情報サイト• もしnifty不動産を利用するなら物件探しだけにすることをおすすめします。

12
郵便番号ごとの相場情報の画面まで進むと、紹介される業者情報も表示されます。 実際に本申込するかは別にして、一度サイトを覗いてみる価値はあります。

🙄 私がおすすめしている不動産サイトは「 」にてまとめていますので興味がありましたらそちらを参照してみてください! 効率的に部屋探しをするのにおすすめのサイト @nifty不動産のような大規模サイトは条件に合う物件が見つかりやすいので取りあえず最初に使うサイトとしてはおすすめですが、やっぱり問い合わせが別々の不動産ってのがネック。 情報をまとめているだけなので評判もクソもない 結局こういった不動産情報サイトは使いやすさうんぬんの口コミや評判はありますが、それ以外は管理している不動産の対応によって左右されるのでニフティの評判を知ってもあんまり意味がないですね。 ご契約内容のご案内は、契約者ご本人様に限らせていただきます。

19
相場情報の一覧は必見 nifty不動産の一括査定でいいところは、売却物件の郵便番号とマンションや戸建てなどの 物件情報を入力するだけで、その地域の相場情報が確認できます。