☺ このあたりの駐車場でよく見かけるのは、プリウスなどのエコカーやBMWの3シリーズなどが多いですね。

17
立ち上がりのよさは明らかで、スポーティーさが際立つ。

😒 これもトレンドなのか、物理ボタンを少なくして、センターに巨大なタッチモニターを配してあります。 回生ブレーキで発電した電気は容量1kWhのリチウムイオン電池に蓄えられ、ターボの効力が発生しない低回転時にアシストを行う仕組みだ。

19
是非この記事を参考にあなたにベストマッチな一台を見つけてくださいね。 衝突回避または被害軽減を図る• 2016年には、Cクラスで歴代初 のが登場した。

👉 C350 e アバンギャルド• すべてのメルセデスの基本骨格が非常に強靭な設計となっている所以です。 また前席の幅が1,455mmで、後席が1,460mmとなっています。 初代Vクラスが商用車「ヴィトー(Vito)」として販売していたことにクラス名は由来する。

14
メルセデス・ベンツの本拠地である欧州市場では、すでにフルモデルチェンジを実施していますが、日本では現行モデルが継続して販売されています。 Sクラスと同レベルのインテリジェントドライブが採用され、テレマティクスサービスの「Mercedes me connect」が全モデルに標準装備されるなど、安全性や快適性の面でも充実は著しい。

☕ その後継車として1993年にデビューしたのが初代Cクラスです。

20
新型Cクラスで注目なのは、「C 200」が搭載する新開発のパワートレインです。

☝ あまりの盤石ぶりにため息が出る。 メルセデスに対する先入観である「高級外車」とは全く違う価値観を受け容れると、C180こそが最も合理的で満足感の高い選択肢になるでしょう。 短所:当然ながら踏めば燃費は良くない。

3
メルセデスベンツは2月23日、新型『Cクラス』(Mercedes-Benz C-Class)をデジタルワールドプレミアした。

👍2015年以降はディーゼルモデルとプラグインハイブリッドモデルが新たに追加設定されています。 乗っているだけで羨望の眼差しを浴びることができるメルセデス・ベンツには、非常に豊富なラインナップが用意されています。

13
前モデルは日本で449万円からとされていましたが、新型Cクラスでは400万円台後半に価格が変更され、高い運動性能や安全性がアピールされます。 0対応車載器をセダン、ステーションワゴンの AMG モデル以外に設定されています。

😅 Gクラス・・・ベンツの中では 形も乗り味もまたクラシックで、無骨なオフローダー。 違いがわかりやすいように両方ともクーペタイプで且つそれぞれ一番下のグレードで比較してみましょう。 スポーティーということではC43のハイパワーも魅力的である。

19
1,460L後席を倒して、フラットにした際の容量でになり、かなりの容量を確保でいます。

⚛ 前期型C200は、全体としてエンジン音が抑え込まれており、ターボサウンドも殆ど全く聞こえませんでした。

16
元々は後部座席にオーナーが座ることを想定して後部座席の快適性を強く重視していましたが、より高額なモデルであるマイバッハが登場したため、現在ではドライバーズカーとして最高峰の魅力を追求しています。

☯ 後期型C180のエンジンは前期型C200のそれと比べても滑らかで、アイドリングストップからの再起動時の振動も、前期型C200がそうだった、あの車体全体がぶるんと震える不快なものではありません。 同じCクラスの名称を冠している「Cクラスステーションワゴン」と「Cクラスクーペ」、「Cクラスカブリオレ」。 セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレなどさまざまな車型を擁してメルセデス・ベンツの中核を担っている。

5
新型Cクラスではトランスミッションに、前モデルから30%軽量化した9速トランスミッションを組み合わせることで、走行効率のアップや室内空間の拡大に貢献。 2cm)が選択できる。