🌏 10月9日に、以下の謝罪文を発表しました。 実際は、 木下優樹菜さんの姉であるさやかさんは一従業員であり、50代の女性オーナーの100%出資によってタピオカドリンク店は開業されました。 色々頭悪すぎな」 「週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、 そろそろちゃんとしないと 立場なくなるよー もーさ、やめなあ? 覚悟決めて認めなちゃい おばたん」 「んでさーいい大人がさー LINEスルーとかやめよーよー」 これを受け木下は9日、インスタ上で「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」「私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」と謝罪。

結婚中からひそかに関係を築いていたが、引退発表の前にはそれも切れていた。

☯ 店長も店長で、警察にみんなに聞いてと言われたから一応形だけで聞くけど、知らない?とか。

7
12月中旬のお昼すぎ、彼女の近況について話を聞くため、都内にある木下の実家を訪れた。

🐲 石井さやかさんは承諾し、こうしてタピオカ屋『ALL RIGHT』がスタートします。

2
タピオカ騒動でインスタアカウントは削除されてしまいました。 これに木下優樹菜さんがさらに怒り、今度は恫喝まがいのDM(ダイレクトメール)を送ります。

⚐ そして案の定、お店はネット上で大炎上します。 木下優樹菜のタピオカ騒動とは?サルでもわかるお手軽かんたん解説! まず最初から簡単に説明していきましょう。 。

今回の家族総出の謝罪についても反省が故の行動であることは確かなのでしょうが、母親やフジモンを引き連れたことや、結局本人へ直接謝罪をするには至っていないという店長の証言もあり、ネットからは『そのあと会ってないのは、謝罪には行きましたという事実が欲しいだけ?』『本気で謝罪する気があるなら、大人なんだから丸腰で一人で誠意を持って行きなさいよ。 非常に失礼な発言をした事をとても反省しております。

🤞 昨今、あらためて書面化の重要性を感じる一件ですね。

4
【ポイント】 ・「裏切り」 ・「給料がまともに貰えない」 ・「給料明細出さない」 ・「姉が人間不信になった」 と書かれています。

🐲 納得いかない?ユッキーナ 〝タピオカ店恫喝騒動〟を起こし芸能活動を自粛していた木下優樹菜(33)が昨年7月1日、活動再開を発表。 ・木下優樹菜は、インスタグラムで50代店長を非難、ファンもタピオカドリンク店のコメント欄に中傷コメントで荒らす ・タピオカドリンク店の店長が事の経緯を説明し、木下優樹菜から送られてきたDMを公開。 結果的には、余計なことに首を突っ込んだせいで、本性を世間に晒すことになり、芸能人としての評判を下げることにつながってしまったのですから。

影響力のある人の行動としては軽率であると思います。

💋 木下の所属事務所であるプラチナムプロダクションは当初、活動休止という選択肢をまったく考えていなかった節があり、判断が遅れたことで結果としてタレントとしての木下のダメージを広げてしまった。 お店側の主張としては木下優樹菜の姉のさやかさんが給与を取りに来なかったので、振込で支払し給与明細は仕方なく郵送したとの事です。

6
正直、 思春期の中学生レベルの発言内容で驚きましたし、ショックでした。 DMはなぜ流出! また、「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー」として謝罪も求める文も。

😝 そのため炎上事件は急展開。 「フジモンと木下は現在、都内の高層マンションで別々の住戸で暮らしており、長女は私立の小学校に通っています。

6
木下はTBS「ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』」(木曜後8・00)とAbemaTV「こじらせ森の美女」(土曜後11・00)にレギュラー出演中。

👆 木下優樹菜さんの影響力なしで、これから気温が下がって寒くなる季節に、どこまでお店を経営していけるか? これからようやく実力を発揮できるとも言えますね。 私の発言は いくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います。 騒動の前からこのスーパーで彼女の姿をよく見ますが、いつもと変わらず、特にやせた印象も受けませんでしたよ」(目撃した女性) 芸能活動ができなくなったショックはあったのだろうが、いつまでも引きずってはいないようだ。

14
もちろん、木下優樹菜さんが行った行為(DMとインスタでの営業妨害)は、決して許されることではないです。