⚔ そこで新たな食品表示制度では、「特定加工食品」が廃止され、アレルゲンとなる原材料を使用した加工食品はアレルギー表示が義務づけられることになりました。 食品を購入する際、食品の原材料や原産地、含まれている栄養成分や添加物などを参考にする人は多いと思いますし、食物アレルギーを持つ人ならば、アレルゲンが含まれているかどうかも大事な情報になるでしょう。 表示は見やすいように工夫する必要があります。

11
加工食品には、着色料や防腐剤など多くの添加物が使用されていますが、摂取量はできるだけ少ない方が望ましいです。

⚛ 糖の発酵によって生じる有機酸が「乳酸」で、牛乳とは直接は関係ない。 しかし、アレルギー表示が免除されるからといって、消費者への情報提供をしなくてもよいということではありません。 人によってアレルギーにかかる食品は様々です。

6
乳 生クリーム、ヨーグルト、ミルク、ラクトアイス、アイスミルク、乳糖• 義務付けられている食品は定められています。

🙃 将来の病気を予防するためにも、加工食品の食塩相当量はチェックしておきたいですね。

12
大麦、ライ麦は対象外です。 また、アーモンドは、令和元年、9月19日に消費者庁よりアレルギー発症者の増加を踏まえ、「特定原材料に準ずるもの」として表示の推奨へと追加されました。

✋ 旧表示 新表示 特定加工食品 「マヨネーズ」 「マヨネーズ(卵を含む)」 拡大表記 「からしマヨネーズ」 「からしマヨネーズ(卵を含む)」 コンタミネーションについて 食品を製造する際に、 原材料としては使用していないにもかかわらず、特定原材料等が意図せず混入(コンタミネーション)してしまう場合があります。

2
アレルギーとなる原材料の表示については「最後にまとめて列挙」と「原材料の直後に一つ一つ」表示する方法があります• 表示推奨である特定原材料に準ずる20品目 表示義務はありませんが、特定原材料に準ずる20品目として、表示することが推奨されているものがあります。 我が国における食物アレルギー体質をもつ方の正確な人数は把握できていませんが、全人口の1~2%(乳児に限定すると約10%)の方々が何らかの食物アレルギーを持っているものと考えられています。

👀 これは注意喚起表示といいます。

3
落花生 上記の7品の他、次の20の食品は使用を表示する事を「勧められている」食品です。 たとえば、卵から作られるマヨネーズを使った食品は、原材料にマヨネーズの表記があれば、「卵を含む」という表示を省略できました。

♥ Written by 物件のご紹介はもちろん開業までをサポートいたします! 飲食店、物販やテイクアウトなどの店舗物件をご紹介します!. (食品表示基準の策定等) 第四条 内閣総理大臣は、内閣府令で、食品及び食品関連事業者等の区分ごとに、次に掲げる事項のうち当該区分に属する食品を消費者が安全に摂取し、及び自主的かつ合理的に選択するために必要と認められる事項を内容とする販売の用に供する食品に関する表示の基準を定めなければならない。 良くあるのが、卵・牛乳アレルギーの人が「卵も牛乳も入っていないハムを見つけて食べたのに蕁麻疹が出た」というものです。

17
このような食物アレルギーに対する有効な治療法はないため、原因となる食物を食べないことが予防・治療を行う上での原則となります。 この栄養成分表示は、これまで事業者が表示する・しないを決められる「任意表示」であり、すべての食品に表示されているものではありませんでした。

🤩 新しい制度では、これらに加えて「機能性表示食品」が設けられました。

17
かぜ薬に使われている卵白リゾチーム 「卵アレルギーがあり、卵が入っている物は一切やめていたのに、風邪で近くの病院にかかって薬をもらったら蕁麻疹が出ました。

😒 「機能性」を表示できる3つの食品 厚労省「」をもとに作成 食品 内容 特定保健用食品 (トクホ) 健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「お腹の調子を整える」「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品。

8
それぞれの食品については使用について次のような表記が認められています。

👇 最後までお読みいただきありがとうございました。 )の範囲は、原則として、通知「」のとおり、日本標準商品分類の番号で指定されている範囲のものを指します。 しかし、実現可能性の視点から合理的に判断して(表示の適正性の検証と監視指導の実現性 、表示が免除される例外規定を設けることが示されました(食品の表示に関する共同会議。

16
症状が出る場所 症状 皮膚 蕁麻疹・湿疹 消火器 下痢・嘔吐・腹痛 呼吸器 咳・喘鳴・呼吸困難 症状が重いと 呼吸困難や血圧低下、意識消失などアナフィラキシーショックを引き起こし、対応が遅れ、死に至る最悪の事態まで起こります。