😝 先日の釣りフェスティバルで撮影した 日本版SLX DCです。 少しDCブレーキの仕組みを解説しましょう。 スピナーベイトやクランクベイトなど巻き抵抗の強いルアーを快適に扱えるため、マイクロモジュールの有無は大きな違いになると言えます。

18
ノーシンカーワームや小型シャッドなど、5~8gの軽量ルアーをストレスなくキャストできるポジション。 専用プログラムされたコンピュータ基盤が、防水ラッピングされてボディ内部のスプール軸にはめ込まれています。

🌏 (買ったばかりで保証のおかげもあったのかも) 他の方のブログとか見てて思ったんですよ、 【ひょっとしてこれ欠陥じゃね?】 それぐらいシャラシャラ音の報告をよく目にしました。

19
(AUTO)ボリューム2~4の半ばまでカバーするワイドなポジション。 海水対応 サビに強いベアリングを採用するほか、外装の処理も海釣りに最適化したした仕様に。

🤗 様々な釣りに使える上に、値段も良心的。 DC音の長さで飛距離が分かる 知恵袋に、「 DC音の長さで飛距離がわかる。

4
出典: 小型から中型のルアーまで大体投げれる 自転車釣行がほとんどなので、タックルを釣り場にあまり持ち込めず、一つのタックルで色々なルアーを投げるのですが、その際に外部のブレーキダイヤルを少しいじるだけでロッドによってはほとんどのルアーを投げれます。

🤙 ・ドラグ動作時に音の出るエキサイティングドラグサウンドを採用しているのは、エクスセンスシリーズ、カルコンDCのみ。 まとめ シマノ SHIMANO の2017年新作ベイトリール「 17スコーピオンDC Scorpion DC 」は、最新のDCシステムI-DC5を搭載し、ダイヤルだけの簡単なセッティングでストレスフリーなキャスティングを実現し、安定した飛距離で釣りを楽しむことができる最新モデルのリールだ。 誰にでも、握りやすい及第点のパーミング性能と言った具合です。

14
ルアーを巻いている時ストレスが全くありません! 例えるとすれば・・・ ギアが入ってないような感覚にさえなります。

🔥 新発売のSLX DCを買うか、差額をプラスしてスコーピオンDCを買うか 皆さんの参考になれば幸いです。

11
投げてみた感じ とりあえず16lbナイロンを85m巻いた状態で、7ftのHアクションのロッドと合わせて投げてみた。

😁 念の為ということでDCの基盤を無償で交換してもらえたので、これは安心対応です。

13
固定式マグネットブレーキ• 出典: 「17スコーピオンDC」の魅力を語る上で、外せないのが 価格設定でしょう。 スコーピオンDCは、ノーマルギアとハイギア、左・右巻きハンドルから選べるようになっているベイトリールです。