👣 ましてや当時の「鬼舞辻無惨」をも後一歩まで追い詰めながら取り逃がしたほどの剣士なのです。

2,147• 1,483• そしてこの『日の呼吸』こそ『始まりの呼吸』なのです。

🤜それゆえに、 『日の呼吸』はすべての呼吸法の頂点・最強だと言えるのです。 今後の物語を原作コミックにて読む予定がある場合には回答をほどほどに見た方が良いかも知れません。 つまり、 「ヒノカミ神楽」の舞の元の形は「剣の型」なのです。

12
以下【ネタバレ注意】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 「ヒノカミ神楽」は竈門家に代々伝わる神事でした。 しかしその神楽舞の元となったのはある剣士による「剣の型」です。

🤩 2,551• 1 丷. 性格が生真面目で素朴な「炭吉」はその「剣の型」をほぼ忠実に代々の竈門家へ神楽舞として伝承させていたのです。 今回はみなさん大好きな蟲柱の胡蝶しのぶ様の面白い動画です。

「炭吉」はそれを「精霊の舞」のようだと感動し、それを神楽舞として以後代々伝承させたのです。

😉 そしてその痣の持ち主は、後々には歴代の剣士たちの中で「鬼舞辻無惨」を追い詰めるほどの能力を持ち合わせている目印ともなっていました。 310• 質問者さんの質問は今後の展開でわかる【ネタバレ】要素があります。

20
しかも当初はその創始者の天才剣士しか振るえなかったほどの呼吸法による剣技なのです。 その剣士は生まれつき額から目元まで『炎の形の痣』を持っていました。

☭ 3,494• 実は「鬼殺隊」の隊士たちはその創設から「呼吸法」による「剣の型」を使用していたわけではありません。 1,610• 「炭治郎」ももちろん継承者です。

3
その剣士はある時に「炭吉」の妻を助けた縁で友人となっていました、 後にその剣士はある過酷な運命から己の無力に望みを失って放浪している時も「竈門家」を訪れていました。

❤ 話を戻すと、 「ヒノカミ神楽」の舞の元の形はある天才剣士の「剣の型」なのです。

1
537• 2,390• 332• 現在の「炭治郎」の顔の額の痣は単なる火傷痕なのですが、 実は物語の終盤にはその下から「鬼舞辻無惨」を追い詰めるほどの能力を目印である『炎の形の痣』が出現する事になります。

👇 ですから、 「炭治郎」は「水の呼吸」の使い手である「鱗滝左近次」に師事していたので通常は「水の呼吸」の型の剣技を繰り出します。 病弱だった彼の今は亡き父親も 「ヒノカミ神楽」を決して途絶えさせないように」 と言っていました。 物語の中で「炭治郎」が急に「ヒノカミ神楽」=『日の呼吸』が使えたのはそういうわけなのです。

16
3,358 お気に入り一覧• そしてその剣士はその「剣の型」と『日輪が描かれた花札風の耳飾り』を「炭吉」に残して去って行きました。 そしてその結果 「水の呼吸」「炎の呼吸」「風の呼吸」「雷の呼吸」「岩の呼吸」などの基本5流派に派生して行き、現在では更にそこから「恋」「蛇」「花」「蟲」などに派生をしているのです。