⚓ iPhone 8・iPhone X:音量アップボタンを素早く押してから離し、音量ダウンボタンにも同じことをしてください。 これを使えば、動かなくなったiPhoneを修復できます。

11
対策2:おやすみモードの無効化 おやすみモードが有効にすれば、着信音や各種通知が鳴りません。

☣ データを保存しておきたい人はこちらをタップしましょう。 スライダが表示されたら、スライダをドラッグして電源をオフにします。 ただし、同じWi-Fiでも通信の安定していない回線もありますから、その場合は、別のWi-Fiに接続してアプリのアップデートを進めましょう。

20
iPhone・iPadをあなたのパソコンに接続します。

🤲 仮に、iTunesを借りた際にバックアップデータを作成してしまうと、レンタル元のパソコンにすべてのiPhoneデータがコピーされてしまいます。

5
ここでは代表的な四つの方法について見ていきましょう。

👇 iTunesを実行し、iPhoneをUSBケーブルで接続します。

17
方法1、不要なデータを削除して十分な空き容量を確保 iOSのアップデートができない理由としては、とにかく空き容量を作ることです。

✌ またiPhoneのアップデートが成功した場合にも、一部のデータが消えたという悩みをユーザーから受けました。 ネットワーク設定をリセット それでもiPhoneまたはiPadでソフトウェアのアップデートを確認する際にエラーがまだ発生している場合は、ネットワーク設定をリセットしてみてください。

10
またし、iTunes(Macの場合はFinder)でiPhoneのアップデート画面を開き、 アップデートを確認ボタンをMacの場合はOptionキー、Windowsの場合はShiftキーを押しながらクリックし、 IPSWを直接指定することでアップデートできたとの報告もあるので、Apple Payの情報が初期化を避けたい場合はこちらを試してみると良いかもしれません。

💋 iPhone・iPadは再起動し、最新のiOSにアップデートされます。 iPhoneのアップデートはとても簡単に行えて、注意するべきこともそんなにありません。

iPhoneのiOSをアップデートする方法まとめ 通知を止める方法や終わらない、失敗の原因と対処法 iPhoneのiOSをアップデートする際、異常に時間がかかったり、なぜか失敗してしまう…なんてことはありませんか? また、Wi-Fiが無い場合はどうする?、通知がうるさい!といったお悩みもあるかと思います。 Wi-Fiルーターを再起動します。

👐 「設定」>「一般」>「iPhoneのストレージ」の順にタップし、デバイスのストレージ空き容量を確認できます。 そして、iPhone 7に自動的にAppleのロゴが表示され、強制的に再起動されます。

20
2:不要なデータを整理し本体の容量を空ける 電波が弱かったり、ダウンロードの途中でiPhoneの電源が切れてしまったりすると、iOSアップデート用の データが壊れてしまう場合があります。 アップデートを確認・検証できないときの対策 アップデートを確認または検証できないときは以下のようなエラーメッセージが出ます。