♻ しかしその一方で,公立の定員割れを解消させる方向で募集人員を卒業予定者数よりも0. ・小数第2位の数値は、小数第3位の数値を四捨五入しています。 みなさんが受験を考えている高校の倍率が「上がるか」「下がるか」をうかがうヒントにもなるため,「」で確認しておきましょう。

2
その結果、全日制の課程 (特別募集及び中途退学者募集 を除く)における募集人員42,810 人に 対し 志願者は50 ,911人でした。 22倍 となりました。

👏 12倍 荏田高校の倍率 募集定員:398人 志願者数:400人 倍率:1. (令和2年12月7日掲載)• (令和2年11月19日発表)• 出願校の状況を確認し,中学校や塾の先生と相談しながら志願変更をじっくり考えましょう。

12
ただし,高校別に見ると志望者が増えた高校もあれば,減った高校もあり,来春入試の人気度を知ることができます。

⚔ (令和2年7月9日掲載)• 全日制課程の確定志願状況は、募集人員3万9,730人に対し4万6,714人が出願し、競争率は1. 夕方以降は自宅でゆっくり過ごし、持ち物の確認や勉強の最終確認くらいにして、なるべく早めに休みましょう。 募集人員に満たなかった(定員割れ)高校は 50校(県立47校・市立3校)でした。 番号はよくお確かめのうえ、おかけください。

(2月4日)• 10倍 藤沢西高校の倍率 募集定員:278人 志願者数:415人 倍率:1. ゆえに、募集定員に満たなかった高校へ 志願 していたとしても油断することはできません。 平均競争倍率は「1. その結果、全日制の課程 (特別募集及び中途退学者募集 を 除く) における募集人員43,593 人に 対し 志願者は52 ,911人でした。

😝 一部のIP電話からは042-679-6610へおかけください(ただし通話料金がかかります)。 表内の( )つきの数字は、他に示される募集単位の内数、または他の募集単位とあわせて募集した結果の数値を表しています。

高校・学科ごとに、募集定員、2月1日志願者数、2月8日志願者数、2月8日競争率、前年度競争率が一覧表で発表されています。

✇ 01ポイント下がりました。 特に県立緑ヶ丘は2. 15 麻溝台高校の倍率 募集定員:358人 志願者数:489人 倍率:1. (5月26日). 志願変更締切後は上記の学校は倍率を下げました。

19
神奈川総合10名、東10名、新城10名、相模原弥栄5名、鶴嶺15名、伊志田10名、西湘10名• 93倍 2月1日の神奈川県公立高校倍率 定員割れ 学校名 募集定員 志願者数 倍率 倍率(前年度) 県立旭 317 286 0. 11となっています。 ゆえに、募集定員に満たなかった高校へ 志願 していたとしても油断することはできません。

😈 20倍 となりました。 平均競争倍率は「1. この結果,県全体としては公立高校入試が前年よりもわずかながら緩やかになりそうです。 47 倍率が大きく下がった高校 昨年度と比べ志願変更後倍率が0. (1月27日)• みなさんが受験を考えている高校の倍率が「上がるか」「下がるか」をうかがうヒントにもなるため,「」で確認しておきましょう。

9
ご入会は、24時間お申し込み可能なWebが便利です。

👐 ただし,個々に見ると応募者が増えている高校も減っている高校もあります。 【2021年度】神奈川県公立高校入試の暫定倍率が発表!暫定倍率が意味するものとは?最終倍率との違いも解説! みんなの塾. 来春入試の倍率は上がる?下がる?高校の人気度がわかる進路希望調査 毎年10月20日時点で県が中学3年生の志望校を集計する進路希望調査。

26の県立横浜翠嵐(普通科)、県立神奈川総合(単位制普通科個性化コース)が2. ・このページで紹介している内容は原則として、2020年4月時点で判明している全日制の公立高校の情報に基づいています。

☭ステップではこのページにて倍率速報を実施します。 お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。 2019年春の入試では,中学卒業生の減少にともなって県立・市立高校の募集定員を0. その結果、全日制の課程 (特別募集及び中途退学者募集 を除く)における募集人員39,730 人に 対し 志願者は46,778 人でした。

一方で倍率が1を下回った(募集人数より出願人数が少ない)学校は全日制で52高、定時制で26校、通信制で2校となりました。 (令和2年7月15日掲載)• 17倍 となりました。

🚀 志望倍率低下 2020年入試の倍率低下を期待できるが,「進路希望調査」の結果を見て受験生が流入し,思ったほどゆるやかにならない場合も。 下の一覧グラフを参考にしながら出願校の状況を確認し,保護者の方や中学校・塾の先生と相談のうえで志願変更をじっくり考えましょう。

32倍 川崎高校の倍率 募集定員: 志願者数: 倍率: 松陽高校の倍率 募集定員:278人 志願者数:311人 倍率:1. (株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者). その結果、志願変更前は45あった定員割れも24にまで 減少しました。