🚒 その時に気になったのが、以下のこと。

7
メールアドレスとパスワードを登録して作成• 背景透過した画像はこのように自由に加工できます。 色を変えたい場所と残しておきたい場所の色が似ている場合、残しておきたい場所まで変える範囲に認識されてしまうことがあるので、上の消しゴムマークをタップします。

⌚ 案外この塗り潰し機能がついている無料のペイントアプリは少なく、結構探しました。 人物の切り抜きはいろいろなアプリでできるかと思いますが、私はこれが使いやすかったです。

2
Facebookアカウント連携して作成 なお、私はLINEアカウントで連携して作成しました。 人物だけ切り取りも簡単!PicsArtで切り抜きして背景を削除する PicsArtで背景透過するには、切り抜きたい対象の画像だけ選択する必要があります。

⚔ 関連記事 PicsArtを起動させて、画像を選択して下さい。 画面下の消しゴムをタップして下さい。 貼付け先の画像に切り抜いた画像をスタンプする さあ、ここからは先程切り抜いたケーキ画像を背景となる「Happy Birthday」の画像に乗せていきましょう。

18
PicsArtは、 freetoeditのハッシュタグがついた投稿を加工(リミックス)して遊ぶことが出来るアプリです。

⚒ レイヤーの位置を入れ替えたら、この後合成する際に、下にくる写真を配置しやすくする為、上の画像を透けさせます。 また、右下の角をスライドさせて動かすと、画像が大きくなったり小さくなったりします。 塗り潰しができる ペンの種類が多いのと何より背景透過を作ることができるのと塗り潰しができるのでリピートしてこのアプリを使う理由になっています。

赤枠の部分を下にスライドさせると動かせます。

☎ 確かにフォトショップ経験が必須の案件は多いですが、まだフォトショップ代をペイ出来ない方は今回紹介した代替機能のあるアプリから始めても良いと思います。 次の画面で、右上にある「 すべての写真」をタップします。

1
PicsArtが提供している背景用の画像• レイヤーの設定ができたら、 画面右下をもう一度タップしてレイヤーの画面を閉じます。

⌚ 別に投稿しなくていいし、繋がらなくてもいいなら、アカウントは必要ありません。 選択した写真を、先ほど用意した真っ白な背景素材と同じくらいの大きさに拡大します。

1
人気アプリ ランキング! 透過させる画像を新たに選んで、編集画面の下の 「ペイント」をタップして下さい。

😚 ここまでの作業にて、先ほどの ケーキの画像をステッカー(スタンプ)化することができました! ここでスタンプ化された画像素材はPicsArtアプリ内の 別の場所で保管されています。 そしてあらかじめ、合成しやすいように合成する部分を拡大しておきます。

5
イメージとしては学生時代パソコンの授業で触ったwindowsのペイントと同じくらいの操作感です。 步驟2 再來透過 Windows 搜尋框內輸入「相片」,會找到相片應用程式將他開啟。