☏ 病気・症状• 成分はすぐ流れてしまうので、頻繁にスプレーするようにしてください。 そのためにも、効果的な治療法が必要とされていた。

3
漢方薬の場合は、うがいの後に飲み込むことが出来るので、まずはこちらをお勧めしています。 また、更年期障害など常に体に熱感がある人はさらに要注意です。

👏 本方の8生薬は、 ・急性期の口内炎に用いられる 清熱剤の 黄連 解毒湯(オウレンゲドクウ)の4生薬と、 ・慢性期にも連用できるように 生津剤の 四物湯 (シモツトウ)の4生薬からなります(図2)。 その他口内炎 ほかに、特定の食べ物や薬物、金属が刺激となってアレルギー反応を起こす「アレルギー性口内炎」、タバコが原因となって起こる「ニコチン性口内炎」などもあります。

2
この作用によって、薬を塗った場所とその周囲が 細菌や ウイルスに感染しやすくなる可能性があります。

💙 本方は口腔内の乾燥が続く慢性の口内炎にも用いられます。

5
Contents• 口内炎の漢方的での体質 漢方での口内炎は急性期と慢性期に分けて考えます。 また、抗がん剤による化学療法後の口内炎では、半夏瀉心湯がよく使われます。

😁 自分にとってリラックスできることを見つけて、一日の終わりにゆったりとした時間を過ごしてみましょう。 ストレスと舌はとくに関係しています。 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)・立効散(りっこうさん)の服用法 最近 口内炎に効果あるとエビデンスがでているのが半夏瀉心湯。

原因は体の極度の疲労、発汗、発熱です。

☯ 特に痛みがあり食事もままならないような口内炎治療には、病院や薬局で調合する薬として、局所麻酔薬を含むうがい薬が使われる場合もあります。

16
カンジダ性口内炎• まずはあなたの原因を見つけましょう。

😍 漢方では 『口のトラブルは脾(胃)が原因で起きる』という考え方があります。 口内炎になりやすいタイプ(証)は、以下の通りです。

9
なかでもビタミンB群や鉄分の慢性的な不足には注意が必要です。