😗 紙パックの底部分をカットして、カットした部分にシャボン玉液を付けてストローに息を吹き込めば完成。 手に持って遊ぶなら輪っかを作りましょう。 準備するものは、• (念のため子供には、「 モールは針金が使われていて、端っこを触るときには一応気を付ける」旨を伝えました。

10
(A)に台所用中性洗剤を混ぜる。 わたしもストローに何の加工もしないで使っていて、「シャボン玉が作れないなぁ~」って思っていた時がありました。

⚛ くれぐれも目を離さないように気をつけて下さい。 更にその中に中性洗剤を入れる• 家にあるもので作る【安心感のある】シャボン玉液 小さな子供が遊ぶものだからこそ、少しでも安心できるものがいい。 ぬるま湯に砂糖を入れて混ぜる• ペットボトル ペットボトルも吹き具に早変わり。

5
保護者が手作りしてもいいし、子供と一緒に作るところからスタートさせるのもいいですね。

😉 小学生くらいの子供であれば、自宅で割れにくいシャボン玉液の配合を比較したり、実験するのも楽しそうです。

5
これで、割れない(割れにくい)シャボン玉の出来上がりです。 水の中に洗濯のりを入れる• まずは計量。

💖 液が濃ければ濃いほど良いはず! 液垂れしてシャボン玉ができないときも結構多いです。

18
また大きなシャボン玉を作る場合は、できるだけ割れにくいシャボン玉液を使いたい! そこで今回は2種類のシャボン玉液の作り方からご紹介していきます。

⚒ 水分にほこりや不純物が混じっているとシャボン玉が割れやすくなってしまいます。 子どもから目を離さないようにする 「シャボン玉液を間違って吸い込んでしまうかもしれないと思い、子どもがやる前に、大人が先に吹き方の見本を見せて目を離さないように見守りました」(2歳児のママ) 「シャボン玉液を持ちながら遊んでいる最中に、周りに気を取られてシャボン玉液をこぼしてしまうことがありました。

すると、何も加工していないストローよりもはるかにシャボン玉が作りやすくなります。 台所用中性洗剤=50ml 界面活性剤35%以上の表示のあるものがおすすめです。

🤔 その考えにのっとって、今回の作り方を紹介させてもらいました。 「お菓子の方に使うから、やっぱり使えない!」 と言う方も必ずいるはず。 割れないシャボン玉ですので、大きなシャボン玉を作ることもできますし、軍手をすれば触ることもできます。

ですが この液で作ったシャボン玉なら、そう簡単に割れることはありません。