🖖 トイレットペーパー、ティッシュペーパー、生理ナプキンも全くない。

10
そして、この勤務先である米子医療生活協同組合が、今回の件について謝罪をされています。

🖖 アカウント作成されたのはいつか確認してみよう。

2
本人は既にアカウントを消しています。

😗 そう思うのです。 特にTwitterやInstagramなどのSNSを利用していると、特定されるのが本当に早いですよね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2
今回のデマは全国的に影響が出ているので他の法律違反の容疑で逮捕されるかもしれません。 冷静な行動を」と呼びかけている。

😛 本当に申し訳ありませんでした。

2
拡散しているキャプチャ。 このチェーンメールの発信源となる人は特定されていないようですので、その人が悪意だったのか愉快犯だったのかは分かりませんが、新型コロナウイルスの報道に日々さいなまれている私たちが、こういった救いの神とも思える情報を受け取ると、ついつい善意で他の人にも知ってもらおうと転送してしまう、というサイクルが回ります。

☯ そう言うと、自分はデマなんか信じないから大丈夫、と思う人が多いかもしれませんが、一言で「デマ」と言っても、様々なデマのパターンがあるのが注意点です。

実際にはトイレットペーパーの原材料は中国に依存しておらず、この情報自体は明確な「デマ」でした。

😅 トイレットペーパー品薄はデマであり今後入荷がなくなることはない 【デマに注意】 こんな時こそ自分で調べたり、ネットの情報を鵜呑みにせずに、自分の頭で考えて行動しましょう。 このたび、「新型コロナウィルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる」旨の事実とは異なる誤った情報のSNSへの投稿者の1人が、当組合の事業所に勤務する職員であることが判明しました。

8
また、米国では前回の大統領選挙の際に、候補者のヒラリー・クリントン氏に関するデマが拡散。 比較的軽い犯罪で、本人が深く反省していたり、被害者と示談したりした場合に選択する。

🤩 参考: こうした情報は、拡散している人も悪意や恐怖で脊髄反射で拡散をしているわけではなく、自分にとっての善意で拡散をしているので、デマとの指摘や否定意見に対して反論しがち。

8
業界団体や政府は「在庫は十分ある。 29日午後、東京都江東区のドラッグストアを訪れた女性(60)は、空になった棚を前に、困惑した表情を浮かべた。

☕ 坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。 普通に困るけれど、花粉症の人とか赤ちゃんいるご家庭とか更に大変だもんね。 発信元の証拠として出回っているツイートのキャプチャ画面の投稿日時は2月27日です。

1
デマを流すだけで懲役もしくは罰金という罰則を科せられるかもしれません。

☣ 今回、新型肺炎よりも怖いと思ったのが「転売屋」。

9
あとはこの騒動から派生してかオムツも品薄になっており、生活必需品が必要な方の元に届かなくなってしまいました。