♨ ウ 施設基準の届出時点において、当該保険薬局に1年以上在籍していること。

3
「調剤基本料1」を取っている薬局であれば、上記の1〜5のうちの4つをクリアすることでこの点数を取ることができます。 2-151 依集 別添1 48の1の2 依存症集団療法• 「医師には診察の時に言ったのに!」なんていう残薬調整は算定しない薬局も多かったと思われますが、今後はしっかり算定して、実績数を重ねていく必要があると思われます。

😁 ア 調剤基本料1を算定する薬局の場合 ハ 当該保険薬局は、地方厚生(支)局長に対して かかりつけ薬剤師指導料及びかかりつけ薬剤師包括管理料に係る届出を行っていること。 まとめ. 第92 地域支援体制加算 1 地域支援体制加算に関する施設基準• 2 届出に関する事項• widgettitle, post-bottom-widget. その場合においては、変更の届出を行った日の属する月の翌月 変更の届出について、月の最初の開庁日に要件審査を終え、届出を受理された場合には当該月の1日 から変更後の特掲診療料を算定すること。

3
これを脱して「1」になるためには集中率を下げるしかないから、他の店舗の処方箋を自店舗に移してして見た目上「集中率」を下げるというのが「付け替え事件」の元凶ですね。 この2つは『かかりつけ薬剤師』の要件ですが、『地域支援体制加算を算定する薬局』の『管理薬剤師』に求められる必須な要件とも考えないといけません。

♨ それまでの 基準調剤加算は主として薬局の体制整備を評価する項目であったことに比べ、体制よりも実績を重視する項目であることがわかります。 1人でもいいので担当の在宅患者をもては年12回クリアできます。 その象徴が地域支援体制加算であり、今回新設された 「特定薬剤管理指導加算2」「調剤後薬剤管理指導加算」「服薬調整支援料2」などです。

2
なお、当該衛生材料の費用は、当該保険医療機関に請求することとし、その価格は保険薬局の購入価格を踏まえ、保険医療機関と保険薬局との相互の合議に委ねるものとする。 「6」については、医薬品医療機器情報配信サービス (PMDA メディナビ)に登録していることが確認できる資料を添付すること。

🤟 薬局機能情報提供制度において「プレアボイド事例の把握・収集に関する取組の有無」を「有」としている• 2 保険調剤に係る医薬品として 1200 品目以上の医薬品を備蓄していること。 つまり、調剤報酬で言うところの『かかりつけ薬剤師』が少なくとも1名居ることが必須です。 7 当該保険薬局の開局時間は、 平日は1日8時間以上、土曜日又は日曜日のいずれかの曜日 には一定時間以上開局し、かつ、週 45 時間以上開局していること。

3
品目リストは卸さんに依頼すれば卸さんに備蓄してある品目リストを持ってきてくれるわよ。 「記載上の注意」に添付書類がかかれているので、文字に起こしました。

😋 従来8要件を満たすことが条件でしたが、今回新設の「薬剤師研修認定制度等の研修を修了した薬剤師が地域の多職種と連携する会議に1回以上出席」を含む9要件のうち8つを満たすことが新たな実績要件となりました。 )が提供できる体制を整備していることをいうものであり、当該業務が自局において速やかに提供できない場合であっても、患者又はその家族等の求めがあれば連携する近隣の保険薬局(以下「連携薬局」という。 書き方については、詳細がでるとおもうので、追記していきます。

12
(6) 当該保険薬局の保険薬剤師は、保険調剤に係る医薬品以外の医薬品に関するものを含め、患者ごとに薬剤服用歴の記録を作成し、調剤に際して必要な薬学的管理を行い、調剤の都度必要事項を記入するとともに、当該記録に基づき、調剤の都度当該薬剤の服用及び保管取扱いの注意に関し必要な指導を行っていること。 ちなみに患者や家族に提供する事項の例としては緊急安全性情報(イエローレター)、安全性速報(ブルーレター)、医薬品安全対策情報(DSU)、その他必要な指導が挙げられます。

🚀 内容をしっかり理解するだけの時間が取れない時でも、メルマガや記事を見て、そこに出てくる単語や言葉を目にするだけでも知識の引き出しは少しずつでも確実に増えていきます。 以下同じ。 改定前に地域支援体制加算の届出を行っていなかった保険薬局であっても、令和3年3月末までの間は、改定前の基準が適用されるのか。

6
2-268 腹膵腫瘍 別添1 75の3 腹腔鏡下膵腫瘍摘出術• を行ったことがある保険医療機関又は保険薬局である場合。 図で表すと下記、緑の太線で囲んでいるところですね。

⚠ ア 施設基準の届出時点において、保険薬剤師として5年以上の薬局勤務経験があること。 A:この規定は、医薬・生活衛生局が作成する薬局KPIを参考に設定している。 ウ 施設基準の届出時点において、当該保険薬局に継続して1年以上在籍していること。

11
10 当該保険薬局において、調剤従事者等の資質の向上を図るため、研修実施計画を作成し、当該計画に基づき研修を実施するとともに、定期的に薬学的管理指導、医薬品の安全、医療保険等に関する外部の学術研修 地域薬剤師会等が行うものを含む。 薬剤服用歴管理指導料の4に掲げる情報通信機器を用いた服薬指導: オン外薬 第 号• 保険調剤編だけでなく薬局業務編も合わせてどうぞ. 2-98 ロー検 別添1 27の2 ロービジョン検査判断料• 2-68 歯訪診 別添1 17の1の2 歯科訪問診療料の注13に規定する基準• を1通提出するものであること。