⚐ この間、私のブログでも掲載しましたが、事業所関係での感染者も発生しています。 なお同施設は府中多摩保健所の指導のもと、引き続き感染防止拡大に努めているとしています。 「都立府中療育センター」は、重症心身障がい児(者)のための施設として1968年に入所部門を開設し、約50年間、同所でその役割を担いました。

5
この数日間でかなり増えました。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。

👈 私によせられた相談のなかで、障害を持つ奥様を介護しているご主人さんから、「自分がコロナ感染した場合、妻をショートステイできる施設はあるのか」という要望がありました。

この間ブログでもお伝えしていますが、私もコロナ感染者情報について、市民の方からの要望もあり、この問題を取り上げていました。

😝 「住所は、東芝町、天神町、栄町、府中町、寿町、本宿町、押立町、小柳町、白糸台、住吉町、分梅町、美好町、朝日町、是政、西府町、四谷との報告です。

9
なお、濃厚接触者の調査と健康観察は、東京都において行われています。 発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。

😙 府中市議会議員の 結城りょう です。 それによると、「4月19日現在、在住・在勤合わせて36名です。 府中市の場合は他の5市と共同管轄で保健所が設置されており、人口が100万人を超える規模です。

18
東京都においては、感染経路の確認に支障が及ぶこと、また、プライバシー保護等の観点から、各市町村別の患者の職業や感染経路、居住地の情報は公表しておりません。 2020年6月1日に多摩メディカルプラザ内(旧府中病院跡地)に移転したこの跡地ですが、中等症程度以下の患者さん向けに約100床程度の規模の施設になるようです。

🤪 また施設が高齢者を受け入れる場合、入所費は介護保険を利用し、施設の感染予防対策費などは市が負担するとのことです。

2
依然として危機的な状況が続いており、不要不急の外出を控えるなど、警戒しなければなりません。 府中市議会議員の 結城りょう です。

🐲 こうしたことも原因と思われますが、27人というのは、はやり深刻な事態ではないでしょうか。 このホームページによると同施設では9月5日に職員1名、9月8日に職員1名、利用者2名、9月10日に利用者3名、9月11日に利用者2名、職員1名、9月12日に職員1名、9月13日に利用者2名、9月14日に利用者5名、15日に利用者3名が新型コロナに感染していると、HPで伝えていましたので合計22名となりました。

11
東京都の公表は在住者だけなので少し多くなります。

👏 保健所は、マスクの着用や消毒を徹底していたとして、濃厚接触者にあたる患者や職員はいないと判断したということで、検診センターは通常どおり診療を続けています。

東京都では、令和2年4月1日から区市町村別患者数について公表を開始しました。 多摩地区で保健所があるのは町田市と八王子氏のみでほかは複数の自治体ごとに設置されています。

🐾 先ほど(20日16時30分前後)、府中市の高野市長のツィッターにおいて、府中市の「新型コロナウイルス感染者」情報を発信していましたので、お知らせします。

8
府中市においても、小平市のような施策について、ぜひ実現するよう再度要望したいと思います。 また高野市長はそのツイッターのなかで、5月14、15日に開会される市議会の臨時議会において、新型コロナウイルス関係対策の補正予算を上程する予定と伝えており、近くプレス・リリースも開催するとしています。