📲 煤闇の章以外では、本編の追加クエストに登場する。 その他• ローレンツ力といいます ろーれんつりょく。

10
王の魔学院に在籍経験があるが、王の政情との兼ね合いですぐにしている。 2021-02-15 17:00:00• 一番怖いのは一度に多数の敵が来て手数が足らなくなること。

🚀 戦闘後、再び移動できる。

3
魔法を無効化する障壁は持たず、武器も物理系で射程も長くないが「聖盾」「大盾」のスキルを有するため、耐久力で勝る。 踊れば2体まで行けます。

🌏 戦闘後、再び移動できる。 両親を亡くしているディミトリにとっては唯一の肉親だが、関係は良くないという。

8
書庫に収蔵されている書物だけでなく、大修道院内の事情についても詳しい。

👉 移動可能な地形で足を取られずに動ける。 戦後はフォドラ統一を果たした皇帝の右腕、新たなセイロス聖教会の大司教、統一王国の初代王座とルートによって立場が大きく変化する。

3
ジェラルトがアロイスを従者とした理由は、流行り病で亡くなったジェラルトが以前連れていた従者とアロイスの容姿が似ていたからという単純なもの。 魔法が使える兵種。

🖐 敵対する3ルートでは、同盟・王国ルートではグロンダーズの会戦に登場し、ここで敗れた後帝都アンヴァルで主人公の軍を迎え撃つ。 しかし、剣術が得意技能ではなく、魅力や回避値も中程度な彼は、残念ながら適任とは言えない。

19
射程が3~4と長く必殺率の高い槍(魔法武器)を使い、魔法そのものを無効化する障壁を持つ。 魔法が使える兵種。

🚒 スカウトしていなかった場合、グロンダーズ会戦に登場した後、王国ルートではアンヴァル市街戦、同盟ルートでは宮城戦で登場する。

19
士官学校編では、主人公を士官学校の教師に任命し、各地で起きる事件の解決を任せる。 9歳の頃にコルネリアらに連れ去られて幽閉され、魔道の実験を受けた結果、ため息をつくと魔物を呼び寄せてしまう特異体質になってしまった。

👐 このため、ユーリスとコンスタンツェの外伝ではそのことを知ったセイロス教団が返還を要請したことで、コンスタンツェが教団側の渉外役として面会することとなった。

3
193• チャージ無しで発動可能な魔獣もいる。

💖 一方でダスカーの悲劇で落命するきっかけとなったダスカーとの会談のために現地へ自ら赴くという行為は、元々国王であるランベールが必ずしも出席する必要は無く、出席するという予定も立てられていなかったのを、ダスカーとの長年の友好関係もあって重要な場と判断して出席するのを決意し、その事を打ち明けたロドリグからの反対を跳ね除けて強行したものであり、この「自分が正しいと思ったことは、親しい者に反対されても強行する」という面が結果として、「騎士の国の王」として慕われる一方で一部の貴族から「国を危うくする王」と見なされるという、両極端なレッテルを貼られることになった。

10
設定すると課題に応じた技能が成長するほか、その生徒同士の支援値が上昇する。