😋 確かに、ありがちなテーマに独自性を持たせる言葉のチョイスや、それらを効果的に響かせるサウンドプロダクションなどは秀逸。

14
女子中高生は顔写真や動画などを公開することを躊躇しないケースが多い。 消えるという触れ込みのため、多くのティーンエイジャーが気軽に同様の写真を送っているという。

🖐 さらに、ティーンの15%、ヤングアダルト男子の23%、ヤングアダルト女子の15%は、「インターネット上でのみ知っている相手に送信した」と回答しているのだ。 「一定のクラスタにリーチできるサービスにはなった。

15
6月にリリースしたAndroid版も今月から英語対応する予定で、「アジア最大のスマートフォン動画投稿プラットフォーム」に向けてようやく海外展開を進めていく段階だ。 ツイキャスでは、中高生・未成年向けに動画を配信する際の注意点をしている。

😎 OS別配信には対応しない)となっている。 このツイートの後についているURLをクリックすると、配信中のツイキャス動画を見ることができる。 ドラマでは石田ゆり子と大谷亮平が寄り添う「ザ・トレンディドラマ」という美しいシーンで終わった。

20
それがある種の革命になったのだと思う。

⌛ 2012年7月、大阪在住の男(25)が、ネットで知り合った女子中学生(14)とSkypeで会話。 男はやはり児童買春・ポルノ禁止法違反で書類送検されている。 「カップル動画がここまで流行るとは想定していませんでした。

しかし、LINE社が短い動画にBGMを付けて送信できる「Snap Movie(スナップムービー)」機能をリリースしたことを受け、閉じたという背景がある(スナップムービーは現在、30秒以内で自由に映像を加工できる動画撮影・編集アプリとしてリリースされている)。 元編集者の作家は「昔から子育てが終わった50歳前後の女性はそっちに興味が行く」と説明してくれ、また、官能小説家は「記事にしろ、漫画や小説にしろ、セックスを扱うコンテンツは、現実にはできない人が読むもの。

☭ 0625rem solid bdbdbd;padding:. 【会社概要】 社名 : 株式会社スパイスボックス 設立 : 2003年12月15日 資本金 : 2億7143万円 出資者 : 株式会社博報堂、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 ほか 所在地 : 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル 東館15F 代表者 : 田村 栄治 事業内容 : デジタル領域のマーケティング・広告コミュニケーション事業 URL : プレスリリース提供:PRTIMES The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from A Red Ventures Company. ツイキャスでは中高生・未成年に向けた注意喚起ページが用意されている 「無断公開ダメ」講習後も写真公開 女子高生A奈に話を聞くと、「学校で毎年携帯電話会社の講習があるから、他人の写真を勝手に公開してはいけないことは知ってる。 動画はもう8年更新されていないが、美咲は「六畳間のピアノマン」にメッセージで気持ちを打ち明けはじめる。

15
「公開されると怖いから」と細心の注意を払い、友だちにも写真を撮らせない、公開させないという子もいる。

😃 slideshow-slide-product-statements a u,. しかし、Snapchat上からは削除されても、スマートフォンのスクリーンショットを撮られてしまえば、拡散や転送も可能だ。 機能がどのように使われるのかという想定はしながらも、遊び方のルールはユーザーさんが発明し、自己表現の幅を広げてくれています」。 サービスを担当する福山誠氏は、ランチを軸にしたマッチングサービス「ソーシャルランチ」を手がけるシンクランチを上村康太氏(現在はグロービス・キャピタル・パートナーズのベンチャーキャピタリスト。

そして、ついにこのクオリティまで達しました。

👉 [画像3: ] ローディング演出によって動画が途切れた後、再び動き出すと今度は謎の男がいきなりポスターから飛び出したり…。 06 ;background:rgba 247,98,59,. 2016年のバレンタインにはこのクオリティに。 」「芸が細かい」、男性がポスターからいきなり飛び出した場面に対しては、「やられた、この展開は予想外」「ごっつ驚いた。

13
少し前の調査だが、2008年に米国で「ティーンの無計画な妊娠防止運動(National Campaign to Prevent Teen and Unplanned Pregnancy)」と雑誌「CosmoGirl」が共同で実施した調査によると、「自分のヌードやセミヌードの映像を送信したことがある」という質問に対して、ティーン男子(13~19歳)の18%、ティーン女子の22%、ヤングアダルト男子(20~26歳)の31%、ヤングアダルト女子の36%が「経験がある」と回答している。