💕 以上が終了、再起動についての基本操作でした! iPadは、iPhoneよりもフリーズしてしまうことが多いように思います。 タイマー終了時の動作を設定することができるので一番下にある 「再生停止」にチェックを入れて右上の設定をタップします。

4
自動的にiPadが再起動します。

💕 再びiTunesを確認し、「バックアップから復元」をクリック。 ということで僕のような思いをする人を救おうと記事にしたわけです。

以下はこんなに簡単な設定なのに見つけるまでに苦労した 愚痴とちょっとした備忘録です。 ということでiPadの自動電源OFF機能の使い方を紹介します。

⚑ 電源ボタンを長押し 「いくら電源ボタンを押してもSiriが起動して電源がオフにできない」という、「 」を買った人が周りにいたら是非教えてあげるべし!. 「音量(大)」を押して離す• iPadの電源が切れたら、数十秒待って、電源を改めて入れてください。

13
こんな記事もついでに読まれています 最近は寝る時にダゾーンでスポーツ中継を聞きながら寝ています。

✔ iPhoneやiPadの自動電源OFF機能を探しているのに出てくるのはスリープ まさかこんなに簡単なのに検索する羽目になるとは・・・。 強制的に終了させる iPhoneやiPadの画面が固まっていたり、上記の方法を試してみたけお電源を落とせないときは、強制的に電源を落とすしかありません。

15
下の「タイマー」をタップして電源をOFFにしたい時間に設定します。 今回ご紹介した方法は、 極めて軽微なトラブルの場合です。

😀 「サイドボタン」と「音量」ボタンを長押し iPad Pro(2018)で電源をオフにするためには 「サイドボタン」と「音量」ボタンを長押しするという手順となっている。 スリープとかそれらしい単語はあるのですがスリープは操作を していない時に自動ロックの状態にする設定なわけです。

左右にスワイプして強制終了したいアプリを探し、アプリのプレビューを上にスワイプして「強制終了」で完了です。 まあ究極これでもいいかと思ったのですが最大の時間が15分(笑) 明らかに自分で求めていない機能なのです。

😊 使っていないアプリで立ち上がったままになっているものがあれば、この時に一緒に終了させてしまいましょう! 画面に何も表示されない場合 充電切れの可能性があります。 復元の前に、iPadのバックアップを行います。

最終手段は復元 上記の手順を行っても解決しない場合は、最終手段の 復元です! iPadをコンピュータに接続して、iTunesを立ち上げます。

♥ リズム良く押すようにしましょう。 「音量(小)」を押して離す• 一番下にスクロールしてシステム終了をタップ• 音量アップのボタンを 一瞬押す• そうするとタイマーの下のほうに音符のマークとデフォルトだと 「レーダー」となっているところをタップします。 量ボタンは「音量(大)」でも「音量(小)」、どちらでもOK。

8
まずはホーム画面から 「時計」をタップします。

🤞 今のところ原因はわかっていません。

20
音量アップボタンを押して、直ぐに放す。 しかも、これまで書いたものが消えるとか・・・。