😀 デンドロビウム(キンギアナム系)の特徴 テキスト引用 出典・引用: キンギアナムは日本では本州南部より南では路地上でも育てられますのでガーデニングにも最適な品種になります。 元肥 同時に 元肥としてマガンプK(マグァンプK)などの暖効肥料などを入れておきます。

その中のひとつがデンドロビウム・キンギアナムで、日本でも広く普及しているランで紫色をした美しい独特の花を咲かせます。 水やり 開花中はほとんど必要ありません。

🐾 そして、ほとんどの花が咲き終わったら、バルブの節から伸びている短い 花茎をハサミでカットします。 屋外に置いて管理するわけになるのですが、 定期的な水やりや肥料など必要です。 枯れた花が気になる様でしたら、摘み取ってください。

3
原生地の環境に近付けるために、土には植えません。

😘 東南アジアを中心として熱帯・亜熱帯アジアからオセアニアにかけて分布しています。 キンギアナム系はオーストラリア原産の原種・ギンギアナムを元に作られ、根本が太く、上の方が細い硬いバルブに花を咲かせます。 花が咲き終わり新芽が出てくる頃に植え付けを行いましょう。

11
2019年6月18日のデンドロビウムです。

☭ また、4~7月に固形肥料を置く場合は、8月以降は取り除く必要があります。 水やりは、土の表面が乾いたら与える程度にとどめて。

9
白、ピンク、オレンジなどのきれいな花を咲かせます。 そうする事で花芽を分化させつぼみを膨らませます。

☢ 8)デンドロビウムを育てる魅力とは (1)育て甲斐がある 洋ランと言えば気難しい花というイメージなので、 綺麗な花を咲かせることができたらその喜びは格別です。 花つきが悪くなります。

10
開花する時期が遅かった場合などは、早目に花をカットして植え替えをおこなっていきます。

😊 このほか、室内で管理している場合は、 葉が乾燥しやすいのでこまめに葉水(霧吹きを使って葉に水をかけること)を与えるようにしましょう。

16
食害を起こすため、春先の新芽の時期と冬場の花芽の時期は気をつけましょう。

🙌 1本のバルブでも位置によって成熟スピードが異なります。 冬に開花させたい場合は温室で加温+加湿する事で花を咲かせる事が可能になります。

8
黒い点々がある場合は、病気が原因です。 適期は植え替えと同じ3月下旬~4月です。

😉 冬は室内に取り込み、日当たりのよい場所に置きます。

10
そして油かすはそのまま吸収されるのではなく、カビや細菌に分解されて栄養分になります。

😇 (3)肥料・水やり 冬は生育を停止している状態なので、開花中であっても肥料は与えません。 (2)剪定・日常の手入れ 咲き終わった花がらは取り除きますが、 花が咲き終わった茎には新芽に養分を与える役割があるので切り取らないようにします。

10
来年春には、やってみようかと思いますが、調子が悪くないので、悩み中です。 乾かし気味でいいのですが、あまり乾燥させると葉が枯れてしまします。