🤲 』 (彼は、私に嫌われたのではないかと心配していた・・? こんなことが起こったのは初めて…ですね…) 『私の方こそ、ごめんなさい…。 二つを取り戻したクロードは黒魔法の願いとは逆行したため呪いが解かれることになった。

2
クロードは意外と面倒見がいいのでしょうか、アタナシアに勉強を教えたり、魔力の使い方を教えたりと良い教師っぷりを発揮しましたね。 』 … … … …? 皇族であれ何であれアエテルニタスのような出来損ないの面倒は見ない。

🙃 パパのようになりたくて 練習してる魔法見せてあげるねとアタナシアはクロードの前で本を浮かべてみせます。

20
これからのハラハラドキドキな展開に期待です!. 家族だから仲良くしてほしいと思っているのです。

🤘 リリー:出て行きなさい 左メイド:酷いです! を満たしていないおそれがあります。 父!しつこいよ!!!!! ジェニットの腕に付けられたブレスレットに目を付けたアナスタシウス。 最近ルーカスに魔法を習ってるの。

そんな陛下が率直に感情を露にしたのは、お姫様との時間を安らかに感じたからです。 またせてごめんなさい、ルーカス。

💙 そんなルーカスに分かったから早くおろしてとアタナシアは叫ぶのでした。 (まだ完全に黒魔法が効いていたわけじゃないとか?) 「可愛らしいお姫様」では、ダイアナを忘れたい黒魔法によって、ダイアナに似たアタナシアに拒絶感を持ち続ける。 彼の闇は一体なに!?!? 「紳士様……」 アナスタシウスが部屋の扉を開けるとそこには涙をポロポロ流すジェニットが。

2
また、この記事は韓国版を翻訳したものとなります。 。

🙂 最近パパが突然良くしてくれる 記憶を取り戻したわけではないのに、記憶を失う前のように接してくれることにアタナシアは困惑します。 そして本来の物語の主人公であるジェニットの姿も見つけてしまいます。

陛下とジェニットが中庭でアフタヌーンティーを戴いています。

⚛ 私のことは何も気にならないのかな?陛下の顔を思い出しながら考えました。

2
その問いにクロードは好きでも嫌いでもないと返しました。 なんだ、できるじゃん。

🤟 作画の奇麗さやフルカラーである点から話題の作品です。 どうやるの?と尋ねるアタナシアにルーカスはおもむろに握りこぶしを出しこう言うのでいた。

15
美しく成長したアタナシアのデビュタント編はその話だけで一見の価値があるほど綺麗です。

🎇 二人とも音のした方を見ました。 5人の方が「参考になった」と投票しています。 それはお姫様もよくご存知ではないですか。

12
。 ここにも何か理由があるのではないか?という考えにアタナシアは行きつきます。

💓 「私がそうだった?誰もそんなこと言ったことないよ?パパも」 魔力が自分の意志とは関係なく流れ出ていると告げられたアタナシアは今までそんなこと言われたことがないと不思議そうな顔をしますが、ルーカスは俺だからわかるんだと告げ、早くやってみろと言います。 』 アタナシアは鬼のようなクロードを思い出します。 クロード ・デイ・エルジェア・オベリア オベリア帝国の皇帝陛下。

16
皇帝はジェニットと一緒にいると、頭痛が緩和されるのだと再認識しているようでした。 「面倒だからすぐに消えろ。