🤲 さらにワンステップ先に進もう! 例 10%塩化ナトリウム水溶液を用いて、0. 計算結果は次のとおりです。 液肥であれば自分が困るだけなのですが、農薬を適当に計算してしまうと、文字通り毒入り野菜になってしまいます。

6
場合によっては、より高価な農薬を使わざるを得なくなります。

⚡ なぜなら、散布回数にも制限があるからです。 つまり、 このA倍希釈を一般化すると、原液の量を1とすると、水などの薄めるものを「原液のA-1倍分」加え、合計でA倍の量に薄めることに相当するのです。 《例題》 1)50mlの水酸化Naを水で薄めて100mlとしたときの希釈倍数? (答え 2倍溶液 2)20倍溶液は、何%溶液? (答え 5%溶液 3)0. そうすれば、液剤と同じ考え方で作ることができます。

6
1mlの塩化ナトリウムを得るには、どれくらいの10%塩化ナトリウム水溶液が必要かを計算すると 100:10=x:1 10x=100 x=10 となり、答えが10mlとなります。

🤞 科学的な計算になれ、毎日の生活に役立てていきましょう。 (1リットル(L)は1,000ml ) 20L は20,000ml ですね。

13
近隣の農家にまで迷惑がかかる 農薬飛散(ドリフト)は自分の農地を越えて、まわりの農家さんにも迷惑をかけてしまいます。 monsterinsights-widget-popular-posts-alpha. なんで割り算になるの?って場合は、1次方程式で計算してみてもよいでしょう。

💋 ではこれを先ほどの式に当てはめてみます。 monsterinsights-widget-popular-posts-columns-3. 長文になりましたが、参考になればと思います。 この2つの考え方は、どちらかが間違っていてどちらかが正しいと思います、または両方ともおかしいかもしれません。

6
希釈した(薄めた)後にできた液剤です。 デメリットを十分理解した上で、正しく使いましょう。

🐾 monsterinsights-widget-popular-posts-columns-1. あるとすれば、間違って50%のアルコールを作ってしまったが捨てるのがもったいないので100%のアルコールを加えて70%のアルコールにすることはできないだろうかと考えたという場面です。

なぜなら、農薬は登録されている作物にしか使ってはいけないからです。 残留濃度も増えるのです。

☝ またBの事を真数と言い、こちらも、Bは0より大きい条件 真数条件 があります。

13
お願いします。