💔 伊黒はもう十分やったのだからと言いますが、自分は何も役に立っていないので、このままでは死ぬことさえできないと甘露寺は肩で息をしながら思いつめいています。 炎柱に救われ従姉妹に罵られ 逃亡中に蛇女に追いつかれ殺されかけた伊黒小芭内は当時の炎柱に救われて一命をとりとめました。

4
炭治郎も炭吉もどうすることもできません。

💔 その治療を依頼するため、一時戦線を離れた伊黒は、血塗られた己の過去を思い起こします。 家族を亡くした縁壱にとって炭吉とすやこは、思い描いた幸せを体現している夫婦だったのではないでしょうか。

1
蛇女は自分と口が同じようになるようにしようと、伊黒の口元を切り裂きます。 スポンサーリンク 必死で炭治郎の心臓マッサージをする村田! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 現実の世界では、村田が必死で炭治郎の心臓マッサージをしています! しっかりしろ!と呼びかけながら炭治郎の蘇生を試みますが、炭治郎は息をしておらず、しかも心臓の音も止まってしまっているように感じて焦る村田。

💕 しかし、丸腰で攻撃をくらいそうになる直前、伊黒と岩柱の悲鳴嶼がその攻撃を防いでくれました! さらに、風柱の実弥は別の隊士の折れていない刀を放ってよこしてくれました!! 「ボケッとすんじゃァねぇ!!ブチ殺すぞォォ!!」 と言ってますが、彼らしい激励ですね!! 危機的状況でも、全員がお互いをかばい合いながら戦う様子に胸が熱くなります。 左右の目の色が違うのは生まれつき。 一部始終を見ていた娘はその場に倒れ込み、もう少しだったのに・・・ と頭をかきむしって取り乱しました。

3
その一族は女ばかり生まれるの家系でしたが、そこに男の小芭内が生まれました。

🤭 みんなが寝静まった夜になると、座敷牢では大きなものが這い回る不気味な音がしていました。 でもあまり過去の旅が長くなってしまっても、現実の炭治郎も心配です。 かすり傷でも死に至ると感じ、縁壱は生まれて初めて背筋がひやりとします。

ただ、アニメでは劇場版で鬼滅の刃「無限列車編」が10月に公開し、 まだまだ人気で最終回の終わり方でスピンオフもあるのではないかなと思ってしまいます。 遺伝した先祖の記憶の夢を見ているので干渉できないのです。

🙌 それを見た伊黒は甘露寺のもとに駆け付けます。 炎柱は従姉妹と引き合わせてくれたが、従姉妹は伊黒を罵る・・・ 50人死んだわ! あんたが殺したのよ! あんたが逃げたせいで! 正当性が無いとわかっていながらも、 伊黒の心を抉った罵詈雑言だった・・・ 生まれ変わったら 背負う業が深すぎて普通の人生を歩めなかった伊黒は、鬼殺隊に。 盗んだ簪(かんざし)で木の格子を削り続けた。

4
時透くんやしのぶさんは死んでしまいましたが、ほかは誰も死なずに鬼舞辻を倒してそれぞれハッピーエンドでおわってほしいですね。

💔 お館様だけがわかってくれていたのです。

3
でも邪の道に進んだのは兄。 他に誰が無惨を一人で倒せたというのでしょう。

🤞 うたは、腹の子と共に殺されていました。

4
さらに甘露寺と伊黒に無惨の攻撃が襲い掛かろうとしたので、残った3人で一斉に攻撃を仕掛けます。 逃げれば家族は殺されるとはわかって逃げたそうですが、でも伊黒は逃げました。