⌛ (ナレーション、ニュースリーダー:2019年4月1日 - )• (祝日キャスター:2019年4月29日 - ) 過去の担当番組 [編集 ] 福島放送局時代• (4月 - 2009年3月)• 卵を産むために上陸した体長90センチを超える親ガメ、砂浜で誕生し一斉に海へ旅立つ体長7センチ程度しかない子ガメの群れ…。 人物 [編集 ] 出身。 糸井アナの優しさや誠実さ、仕事に対する真摯な姿勢が今回の温かいメッセージに対する賞賛につながったと思います。

11
のニュース・中継・リポート 名古屋放送局時代• 中継で音声が途切れたりてんやわんやな中、上手にフォローして難なく乗り切ってる。

♻ (がのキャスター代行を務めることによるニュースリーダー代行)(2013年8月12日 - 8月16日、2014年8月11日 - 8月15日)• ニュース・気象情報(午前10時台(高校野球中継により前後有)・のキャスター代行)(2013年8月12日 - 8月16日、2014年8月11日 - 8月15日)• 開票速報(キャスター:2019年7月21日)• しかし今回、糸井アナが励みの言葉をかけることで不安になっている人が少しでも元気になれたのは、アナウンサーの人間味のある部分が発揮されたからこそですよね。 ですから、ご結婚されていますね。 日の出まであと1時間ほどになりますけれども、できるだけ安全な場所で少し目を閉じながらでもかまいませんので、最新の情報をお聞きいただければと思います」と落ち着いた口調で伝えてから、地震情報に入った。

7
不安な気持ちで夜明けを待つ人々の気持ちをくみ取り、温かい言葉を紡いだのです。 幼稚園の息子さんには 「パパが顔を出さないでいられるほうが、みんなにとっては幸せなんだよ」 と伝えられたそうです。

😗 北海道勤務などを経て、現在は 「ニュースウオッチ9」などを担当している。 なので、小さめのカメラを使ってる。

19
その熱い思いが、自然と今回の温かい思いやりのあるメッセージを引き出しているのでしょうね。 聞き取りやすい落ち着いた声が特徴の糸井羊司アナウンサーですが、地震が発生した翌日に放送された朝5時のニュースにおける「被災者へ向けたメッセージ」が大きな話題となっています。

🤛 2019年07月29日 月 息子が"ざんねん"に思うこと 糸井羊司 ニュースリーダーの糸井です。 同日早朝5時の放送の冒頭で、糸井アナは次のような言葉を投げかけました。

14
2014年9月22日「おはよう日本」出演者ブログの2014年9月22日の投稿にて 息子さんが 幼稚園生である事が書かれていました。

⚒ 幼い頃からクイズに興味を持ち、小学校6年生の時に中部日本放送の「天才クイズ」に出場し、天才賞に輝いた。

東日本大震災からまもなく10年を迎える中での今回の地震は「あの日」を思い出してしまい不安を抱える人が多い中、糸井羊司アナウンサーの心からの言葉にはとても励まされたという声が上がっていました。

☏ この被災者の方々を思いやる心のこもった温かいメッセージに、賞賛の声が多々上がっています。

19
「今の危険」と「その先の危険」を察知して、いかに防ぐように呼びかけるかが難しいと語る糸井アナですが、過去の特設ニュースをできる限り多くビデオで見て、災害そのものや、適切な伝え方を学んだりするなど、とても勉強熱心です。

☯ きっとマニュアルにはない、糸井アナ自身から出た言葉だったのでしょう。 そのなかで、最後に改めて向かったのは…。

18
2021年2月13日の夜、福島県や宮城県を中心に、最大震度6強を観測するが発生しました。