😎 都心でさえ、マップの中に細かい点で示される程度に留まっています。 5G 3社の5G対応スマホの状況は? ドコモ、au、ソフトバンクの3社の5G対応スマホはどのくらいあるのでしょうか? ドコモは、2020年7月末時点で6機種の5G対応スマホを発売しています。

6
docomo 5Gのエリアマップが公開!拡大予定エリアも案内 NTTドコモは16日、同社の携帯電話サービスが使えるサービスエリアを地図上で確認できる「エリアマップ」( )に「」サービスを追加しています。 5Gの利点の1つである「大容量」を実現するには、新規に割り当てられた周波数でしっかりエリアを構築する必要があります。

🤞 話を聞くと、3. 石野氏:予想をさらに下回ったって話ですよね。

14
ドコモのエリアマップは以下にて。

😆 GoogleやYahoo!で検索しても目的のページが出てこなかった• 目的と違うページにたどり着いた• 東京都や大阪府など、5Gエリアが広がっている地域にお住まいの方ならともかく、 地方にお住まいの方は5Gがほとんど使えません。 現状では5Gに対応しているエリアは少ない しかし、いくら性能が良いとはいえ、 5G通信に対応したエリアがまだまだ少ないというのが現実です。 というのも、4Gの周波数を5Gに転用したところで、通信の空きスペースである帯域が増えるわけではありません。

12
また、それに合わせて 2020年後半から5Gスマホへの移行を促すためにエントリーモデルのスマホを導入していく計画も発表されています。 (より引用) 他のキャリアも同様です。

🖕 ドコモオンラインショップではと題した告知を掲載し、その中で「5G提供エリアは当初限定的であるため、お客さまによっては4Gでのご利用が中心となります」と注意喚起を行っています。 今秋にはiPhoneの5G対応も予想されるなか、4G周波数の転用で5Gエリアの一挙拡大を図るソフトバンクとauに牽制球を投げた格好です。

17
同社ではこれまで5Gのサービスエリアについては「」にてスポット一覧としてのみ案内しており、今年8月に実施した「5Gネットワーク展開戦略説明会」ではエリアマップの公開について検討するとしていましたが、今年サービス開始から半年以上経ってようやく地図上で確認できるようになりました。

👉 さらに同社では現在は4Gネットワークと連携したNSAでの提供となっていますが、本格的な5Gのみで運用するSAを2021年度中に開始予定であるということです。

10
5GHz帯(n79)のみで提供していましたが、その後、9月23日からミリ波(mmWave)の28GHz帯(n257)におけるサービスも開始しています。 というのも、4Gの周波数を5Gに転用したところで、通信の空きスペースである帯域が増えるわけではありません。

🤜 前月末までに対応したスポットを緑、2カ月後に対応するスポットをオレンジ、5カ月後に対応予定のスポットを赤で示している。

20
出典:auホームページ 一方、 福岡県の天神周辺においては以下のとおり5Gのエリアが面的に広がっていることがわかります。 マップでは、28GHz帯の「ミリ波」を利用した5G通信サービスを利用できるスポットも「m」マークのピンで表示。