♥ 大抵、それは論文を集めた本や雑誌の一部をネット上でも公開しているものなので、どんな書籍に収録されているものなのかよく確認してください。 特に、非売品や会員限定の雑誌、発行部数の少ない雑誌に掲載されている論文がネット上に上がっていたという場合は、 URLを書いておけば安心・親切です。

10
こちらも具体例を参考にしてみてください。

🔥 一番最初の文字• 参考文献の明示の仕方は媒体によって異なる• 23 高校3年生の時は、とても楽しい大学生活を想像してワクワクしているかもしれませんが、理想と現実は違います。 これを守らずに、権利者から著作権侵害で訴訟されても、誰もあなたを守ってくれません。 新聞の参考文献の書き方も同じです。

- 監修者がいる場合 - ・ 監修者はタイトルの後ろに書きます。

❤ 学術シーンでもビジネスの場でも、盗用や剽窃は大きくルールを逸脱したこととして捉えられています。 ・ 翻訳書の場合は、監修者名と訳者名と区別して書きます。

ハーバード方式 著者の姓と発行年に基づいて記述し、文献リストを著書順に列挙する方式です。

😀 ちなみに、 Wordには、 相互参照(クロスリファレンス)という機能があるので、それを使うと楽です。 今回は「心理学研究」における論文作成における引用文献・参考文献の記載についてお話していきます。

11
WEBサイトは良くも悪くも誰でも作れますし、中身の校閲をされません。 とはいえ、自分が考えた数字や意見だけを述べると、主観的で根拠のない意見になってしまいます。

☝ わからないからといって適当に記述してしまうと、その論文の信用性は著しく下がってしまいます。

20
論文やレポートを書く上で必須な参考文献ですが、表記の仕方が多様で意外と難しくもあります。 ・ 訳者名は括弧でくくるか、コンマ , で区切ります。

📲 戸田山によれば、アブストラクトは論文を要約して、簡潔に紹介するためのものだとしている 戸田山 2012, 84。 忘れがちなのは、3の「References 参考文献 」と4「Appendix 補遺・付表・追記など 」です。 (略)また一次文献にあたらずとも、信頼のおける二次文献資料があれば、それをもとに引用できる場合もあります。

ところが、このマニュアルは、実験・調査系の論文作成には適しているが、臨床・実践系には適していないという面もあるし、現在ではなくてはならない、インターネット上の資料の扱いについては、何も書かれていません。

🙂 ・ 末尾に. ピリオド をつけます。

1
初めてレポートを書く人がやりがちなミスですが、仕上げの段階になってから引用・参考文献に適さない文献だったと分かると悲惨です。