⚔ 対象地域や時間の短縮幅、協力店舗への支援金支給を検討している。

20
展示手法• としている。

☺ (7件)• また、犠牲者1人1人について詳しく知ることができるコーナーでは、13歳で犠牲になった少女の制服と弁当箱が展示され「この遺品は戦争の結末だと思います。

12
もし、人類が確固たる意志を持って、 以下略 」 1987-9-16 大統領 「私は妻と共に、1945年のヒロシマの惨事に深く哀悼の意を表します。

☭ 動線が分かりやすく、混雑時にもスムーズに観覧できる(4件)。

10
動線見直しに伴う整備、ユニバーサルデザインに対応した整備• 以下略 」 1995-3-30 チベット ダライ・ラマ 1989ノーベル平和賞 「言葉に表せない、想像を絶する破壊力を持つ兵器をこの地上から廃絶することは、 以下略 」 1995-7-30 ジョセフ・ロートブラット 会長 1995ノーベル平和賞「ヒロシマ、ナガサキの悲劇がいかなる国においても繰り返されることのないよう、 以下略 」 1995-8-8 前大統領 「ヒロシマを訪れたことのある人々は、以後生きている限り、世界に平和のメッセージを伝えることだろう。 もっと多く展示して本当の悲惨さを伝えた方がよい(3件)。

🤞 さもなければ、 以下略 」 1987-2-26 国連総会議長 「この訪問は、私にとって、非常に感動的かつ崇高な経験でした。 「核兵器の危険性」の展示内容に、核兵器の使用がもたらす環境への影響についても紹介すること。 また、この改修工事に伴って、先述の「被爆再現人形」を2016年度までに撤去し()、今後は模型よりも被爆者の遺品など実物資料の展示を充実させる方向で改修を進めていく計画が2013年3月に発表されている。

12
しかし、この撤去計画に対しては、「多くの市民が、人形を撤去する理由は、怖すぎるからだと思っている」「人形は原爆の恐ろしさを後世の人々に理解させるために必要」などといった内容の反対意見が一般市民から多数寄せられているほか 、などで市民団体による撤去反対運動が展開されている。

🌭 5代:荒田誠之助(1974 - 1976)• 2017年12月2日閲覧。

10
平成14年 2002年 、老朽化した校舎の建て替えに伴い、被爆した西校舎の一部が袋町小学校平和資料館として保存されました。 手をつなぎ一緒に前に向かっていきたい」 注1 公職は注釈がない限り訪問時のもの。

⚑ 森脇さんのおいで広島西高の細川洋校長(61)は「大人が起こす戦争で、罪のない子供の夢や希望が今も昔も奪われていると感じてもらいたい」と話す。 外国人入館者とその評価 [ ] 外国人入館者は2013年には約20万人であり 、この年のの調査では「外国人に人気の日本の観光スポット」の第1位に選ばれた [ ]。 市長より感謝状および、広島名誉市民章のメダルを授与。

1
3 部会は、部会長が招集し、その議長となる。 その後、東館3階へ移動し、東館の展示を観覧後、1階から退館する。

♨ このことが決して再び起こってはなりません。 環境に配慮した整備• 各展示コーナーの内容の案内が必要。

16
1971-8-6 首相 初の日本国首相 注2の式典出席、の提唱、1974 1971-9-27 ロックバンド 初来日でSold Outの広島公演の全売上を広島市へ寄付。

😎 以下略 」 2004-11-4 大統領 「世界中の人々が、被爆の惨禍を決して繰り返さないと決意することを願います。 親子で平和に関する本を読める場所を整備し、ゆっくり手に取って自由に見たり読んだりできるようにしてほしい。 小さな子どもでも原爆のことが理解できるような音声ガイダンスがほしい。

11
本館展示の後に、東館の原爆の開発から投下までの展示を見せると、開発・投下国への批判や憤りを与え、館が偏った展示をしていると捉えられるのではないか。