👎 158• 189• パッケージは改悪されてしまったものの、それでもやはりアニックグタールはイメージヴィジュアルが素敵で、公式サイト見てるだけでときめく。 無邪気な幼少期を思い起こさせる ノスタルジックなフローラルフレグランスと言うことで、誰からも愛されそうな淡い香りが楽しめます。

4
115• シンプルながら品格のあるフレグランスは、オフィシャルシーンやフォーマルシーン、休日などなど、どんな場所にもしっくりとマッチします。

🙏 【EDT】 〔トップノート〕ベルガモット、ミント 〔ミドルノート〕アンバー、ローズマリー、ゼラニウム、ブラックペッパー 〔ラストノート〕ヘリオトロープ、インセンス、パチョリ、ミルラ マンドラゴール プープルは、同ブランドのフレグランス「マンドラゴール」の姉妹フレグランス。 103• 【EDP】 〔トップノート〕ヒヤシンス、ガルバナム 〔ミドルノート〕ターキッシュローズ、フィレンツェアイリス、 〔ラストノート〕サンダルウッド、バニラ ウールエクスキーズは、パウダリーなフローラルノートにほのかな苦味や落ち着きがプラスされたフレグランス。 110• 人気ランキング• 148• 爽やかなシトラスノートで幕開けしたあとは、エリザベスアーデンやブルガリに近い 爽やかめのティーノートがふわっと広がります。

4
ジューシーな洋梨に可憐なローズ&ほんのり渋みのあるピーチをプラスした、うららかな香り。 169• 172• 191• 香水は箱に入れたまま保存するので、箱が可愛い方がよい。

⚛ ・香水は約500種類 CHANEL、Chloeなどの高級ブランドやJO MALONEなどのメゾンフレグランスブランドを含む豊富なラインナップから選べます! ・毎月自分が気になっている香水を選べる 香水のブランド、香り、使用するシーンなどから選べるので自分の気になっている香水や関連する香水も選べます。

13
159• 145• 【EDT】 〔トップノート〕プルメリア、ガーデニア、サンバックジャスミン 〔ミドルノート〕イランイラン、バニラ、インセンス 〔ラストノート〕ベチバー、サンダルウッド、アンバー ソンジュ(夢)は、インド洋モーリシャス島の花々からインスピレーションを受けて作られたフレグランス。 「ウールエクスキーズ=甘美な時間」の名の通り この上なくエレガントで美しい香りが楽しめる、大人の男女のための香水です。

👣 143• 魔女が錬金術や魔術を行使する際に使用した植物「マンドラゴラ」がモチーフになっているだけありほんのり薬っぽいニュアンスが感じられるのですが、 非常にオシャレな香りです。

4
私、ピーチ!ローズ!プラム!レモン!みたいな、女子中高生的なちょうわかりやすいド直球な香りが好きで、今までそういうのばかりを買ってきてたので、まさかこの手の香りを自分がフルボトルで買うことになるとは思ってなかった。 120• 154• 173• エレガントなパッケージ ブランドを象徴するロゴもモダンに刷新。

⚑ 少し時間が経つと甘い花の香りがふっと弱まり、 香ばしい木々と官能的なイランイランがメインのミドルノートへ。 ブランドの創設者アニック・グタール氏の愛娘の愛称「プチシェリー」の名が付けられた、 軽やかで可愛らしい印象のフルーティーフローラルフレグランスです。 どれも 品が良く洗練された本格派のフレグランスばかりなので「本物」を求める人にはぴったり! また軽やかな香りを好む日本人にも使いやすい、 優しい香調のものが多く揃っている点も人気の秘密です。

12
157• キレイめの洋服だけでなく、 着物にもしっくりマッチしそうです。 147• 100• 167• 126• 109• 「ボワ ダドリアン」で表現するのは、トスカーナの夕暮れ時、黄褐色を帯びた柔らかな光の中にたたずむハドリアヌス帝。

🤟 170• 【EDT】 〔トップノート〕レモン、ジンジャー、グリーンノート 〔ミドルノート〕クチナシ、マグノリア、チャンパカフラワー、ジャスミン 〔ラストノート〕サンダルウッド アン マタン ドラージュは、 日本のクチナシ(ガーデニア)の花をテーマに作られたフレグランス。 142• この香りは、アニック・グタールが創り上げた「オーダドリアン」を再解釈し、究極のエレガンスを備えたブランドの歴史を形作るフレグランスだ。 マンドラゴールが甘く女性的なのに対し、甘さ控えめ&ダークな印象の ややメンズっぽいハーバルノートが楽しめます。

124• 180• 徐々にオスマンサス(金木犀)の香りが出てくると、 爽やかながら可憐で優しい香調に。

☕ これはもともと、去年の夏前に夏用の香水を探していて色々サンプルをもらったりミニサイズを買ったりしていたうちの一つで、そのときはフルボトル購入にまでは至らなかった。 166• 181• 133• 128• 122• 193• 1980年にパリで誕生以来、創業者であるアニック・グタールが描いてきた詩的なブランドのルーツは、五感を呼び覚ます珠玉の香りを生み出し、世界中の女性を魅了してきた。

10
152• 127• コットン素材のワンピースや柔らかい素材のブラウスに合いそうなどこか 母性を感じる香り。

🖖。 139• 131• ひとつは女性に贈りたいフェミニンボトル。 アニックグタールのオードトワレの中では 香り持ちもかなり良く、朝付けたら夕方頃までしっかり ローズが残ります。

・専用のおしゃれなアトマイザー入り 持ち運びにも便利なアトマイザーもセットで届くのでとても便利! ・<日本初>専属コンシェルジュにLINEで相談可能 香水選びに迷っても、専属コンシェルジュがイメージにあった香水を選んでくれます! SNSでも話題の注目サービス。 プチシェリーが気になった方は、こちらのレビュー記事も見てみて下さい! 【EDT】 〔トップノート〕クロスグリ、ラズベリー、ピンクペッパー 〔ミドルノート〕ローズ、ピンクピオニー 〔ラストノート〕ムスク、杉、パチョリ ローズポンポンは、 ベリーのジューシーな甘さがアクセントになった 可愛らしい印象のローズフレグランス。