🖕 さらに、ほぼ100年間隔で発生する南海トラフ地震のうち、3回に1回は国内最大級の地震が発生していたことがわかってきた。 いまから約300年前の江戸時代に、富士山は大噴火した。 南海トラフ地震に関連する情報• なお、現在発表している南海トラフ地震に関連する情報とこれまでの発表履歴は、以下のページをご覧ください。

6
第4案:神奈川県西部 第1案および第2案は相模トラフに起因する海溝型地震で第3案および第4案は内陸地震です。 南海トラフ巨大地震の予兆として発表するには、岩盤が全割れしない段階で小規模地震や岩盤に何らかの異常な動きを得る必要があります。

🎇 ピンポイントで無くても良いので、精度が高い地震予測などをAI(人工知能)などでできないものでしょうか? 日本は特に地震が多い国なので、地震予知研究へのさらなる強化をお願いしたいですね。 昭和南海地震が起きた1946年から2020年時点で74年経過していますが現時点では周期説の危険範囲には入っていません。

6
当時の地震計の記録を見ますと地震の揺れは約10分間も激しく揺れたことが分かっています。

⚓ 最も最近のものは、「1944年の東南海地震」と「1946年の南海地震」です。 東海地震も南海トラフ地震の一つとして扱われ、駿河湾から静岡県の内陸部を震源域とするM8クラスの地震を言います。

9
なぜ発生した季節が偏っているかといえば、理由は不明ですが一説によると、日本海側に積もった 雪が関係しているのではないか?と考えられています。 1937年から10年間国定教科書に取り上げられました。

✆ 彼は、8歳のころに「予知能力」に目覚めました。 現在、信越地方から群馬県にかけてミニプレートの境界に異常変動が見られる。

12
・GPSによる地殻変動の観測(国土地理院) ・ひずみ計(気象庁) ・地震の波形解析の自動化 など観測技術が非常に密度濃く精密な監視をしているからです。

🙂 また1944年東南海地震の発生前には陸軍の陸地測量に働きかけ、掛川から御前崎まで水準測量を指揮していましたが、地震前日の御前崎で異常な隆起があったことを突き止めていました。 (レベル=M4. 2歳児があまり使う単語ではないために、「地震の予知」だと言われています。 地震専門家によれば首都圏を含む南関東では約70~80年周期で起きるM7クラスのプレート内地震と約220年周期で起きるM8クラスのプレート間地震の2種類があると言われています。

ようするに東日本震災があまりに大きかったので、もっと広く深刻なパターンも想定しないといけない、と再検討されたんですね。 駿河湾から日向灘に伸びる南海トラフに沿って 発生する地震が南海トラフ巨大地震なのだ。

😙 関東大震災が起きた年に200~220年を加えれば2130年ごろ関東大震災並みのM8クラスの地震が起きるという周期説になります。 つまり南海トラフ地震は過去の歴史から、どこが震源かの発生パターンや大地震の範囲の広さについて 色んなパターンがありすぎてつかめていないんですね。

14
南海トラフ地震の被害想定(震度・津波) 政府の中央防災会議では、 「南海トラフ地震」が発生した際の被害想定が出しています。 まず、地震が起こる原因となっている「大陸プレート」や「地震断層」は、深さが3000m以上という深海にあります。