🤘 人間離れした肩が無い限りには、基本に忠実な動きが求められます。 よって、 ランナーがいる時は両膝共に地面についてはいけません。 なるべくピッチャーと多くの時間を共有することで、ピッチャーの性格、体調面の変化、疲労度合い、メンタル面など色々理解することが出来ます。

20
はい、メジャーの強肩キャッチャーのスローイング特集でした。 またキャッチングについては、三塁側への移動に伴い、自然とキャッチャーの右側での捕球が多くなります。

⚓ この一連の流れを反復して練習します。 ピッチャーの投球スピードは一朝一夕で速くはなりませんので、私のチームでは、 キャッチャーが捕球してから投げるまでの時間を短縮する練習をします。 プロやメジャーのキャッチャーでも後ろにステップするキャッチャーはほとんどいません。

時にはサードへ投げる場合やバックホームが必要な場合もあります。

😋 下記に動画を紹介しますので、出来る方はトライしてみてください。 例えばピンチの場面でランナーがいて、ピッチャーの投球が不安定になりストライクが取れない状況だとしたら、普通に考えれば相手バッターはフォアボールを狙い、バットは振りませんし、ピッチャーとしてもストライクを自信がないため、投げる球も一番ストライクの取れる確率のあるストレートを選択しがちです。

10
この練習を継続することで盗塁阻止の可能性をキャッチャーの領域の中で最大に引き上げることが出来ます。

😚 少年野球でランナーが出たら、監督がまず考えるのは盗塁です。

18
それは上記でも説明した様に、スローイングを速くすることに直結するのですが、キャッチャーは下半身が重要なポジションだからです。

👈 ですが、まずはこの基本通りのスローイングができるようになることが大切です。

初めはゆっくりで構いません。 オプションとして出来るようになっていても良いと思いますが、常用するプレーでは無いかと思います。

❤️ 盗塁を試みたランナーを、息子が投げる矢のような送球で刺す。 練習方法は壁当てが簡単でおすすめ! 練習方法としては、壁当てが簡単でおすすめです。 盗塁を試みたランナーを、息子が投げる矢のような送球で刺す。

3
462を誇ります。

😗 このステップも0. テーマを持った反復練習とトライ&エラーの果てに、実績と精度と安定性が得られます。 肩がかなり強くないと難しいプレーであるうえに、下半身が使えないため肩肘の負担が大きいプレーでもあります。 10秒しか差がありません。

8
座った状態から守備が始まるので、野球を知らない人から見れば「楽なポジション」に見えますが、実はかなり体力が必要なポジションなんですね。 盗塁阻止の場合には、ピッチャーが投げるボールのストライクやボール判定は二の次でスローイングをします。

👣 基本的なことを教えて、できるだけフレンドリーに接するように心がけました。 実際に、上記でお伝えした2つのステップを比べてみてもらうとよくわかると思います。 まとめ キャッチャーは経験したことが無い人には分からないことが多いため、未経験者の方にも分かるように説明したつもりですが、いかがでしょうか? 結局のところ、スローイングに関してのゴールは「良い送球」を「安定して実践すること」にあります。

注意しなければならないのは、2塁送球は距離もある上、ランナーとのスピード勝負になってしまうので、どうしても きちんとしたステップが崩れがちだということです。

👈 正しいフォームであっても、窮屈であったり投げにくいフォームであれば、「良い送球」を投げることが出来たとしても、再現性が伴わないことから「安定した実践」は困難です。 そのため、テイクバックへの移行はスムーズになります。 ベースボールアドバイザーのチッキーが特に伝えたいのが、手先だけでこのトレーニングを行うと普通のキャッチング時にパスボールが出てしまうからです。

2
このジャッジにおいて最も重視するのは、 キャッチャーの肩です。 その理由は以下の通りになります。