⚓ はじめに下地を塗っておくことで、塗り残しを防ぐことができます。 リサイズなしでブログに使える大きさです。

15
厚塗りとは? 絵を描く技法のひとつで、油絵のように色の透けない不透明度の高い絵の具で筆のタッチを活かしながら描く方法です。

❤ ここを押すと小窓が出て、描画機能がいろいろ使えます。

17
画面の真正面にペンタブを置く 意外と見落としがち!画面に対して、ペンタブを真正面にセットしましょう。

🐾 で描いた線画の上から直接色を塗っていってもよいのですが、今回はあえて「下塗り」をします。 線が切れている部分に、塗りつぶしたい色と同じ色か、線画の色と同じ色のペンで付け足します。 そのデメリットを解消する方法については以下の記事で解説しています。

20
ハイライト以外にも、雨や雪、白い息などほかにも使い方はたくさんあります。 関連記事:. 描き続ければ、確実に慣れてきますので、はじめはやはり Gペン にじみ の4. 下のバーは濃さです。

💓 5.『スマホでイラストならアイビスペイント一択』のまとめ アイビスペイントの魅力が伝わったでしょうか。 ちょうどいい濃さになったらペンの太さを変えます。

2
不透明度100%。

☺ キャンバスサイズの選択シートが表示されます。 開いたメニューの中から、カメラのマークをタップします。

13
5.線画抽出を行いますか?と表示されるので、 OKをクリック 6.白と黒のバーで白黒の部分をはっきり出します。

👆 思わずギョッとしますが落ち着いて 笑 まずは色を変えましょう。 きれいにつながりました。 なぜならブラシはふわっと色がつくため、輪郭がボヤけ、実際に着色されている部分が小さく感じるからです。

2
クロッキーもやって、アナログとデジタル、どちらも楽しんで描いてみませんか? 今回使用したアナログ画材はこちら。

😃 今回アイビスで線画を描くのに指だととても大変なので、私はバンブースケッチのスタイラスペンを使用して描きました。

11
タップし続けるとずっと戻り続けます。

🤲 濃さが2倍になったイメージです。

19
ただし、摩擦によってペンの先が削れて消耗しますのでご注意ください。 色を選択して、塗りたい箇所をクリックすればOKです。

⚑ バンブースケッチはアイビスペイントとペアリングして使用できるため、iphone上でもスムーズに反応してくれてとても使いやすいです。

19
大きさを変えたいときは、画面上で 指2本をひろげるような動作(ピンチアウト)で 拡大、 指2本をせばめるような動作(ピンチイン)で 縮小します。 かんたんなのですぐできます。