👎 の細川豊史名誉教授のコロナワクチンの分かりやすい解説 生物免疫学の名誉教授 大橋眞先生の解説 そもそもワクチンとは? ワクチン自体よく知らなかったという方は、この動画シリーズ(第四回まで)が分かりやすくておすすめです。 薬もないし。

2
政府は国民を守らない 「国が経済を切り詰めてまで理不尽な対策をするはずがない」「国民に危険なワクチンを用意する訳がない」と思っていませんか? しかし、この「国家は国民を守るもの」という発想を捨てない限り、コロナ騒動の本質を見抜くことはできません。

☏ コロナ騒動の収束は、世間や学校、職場などですっかり定着している 「巷の定説」を疑い、新しい情報を取り入れる柔軟な思考力にかかっていると思います。

医療を受けられない人は感染してるかすらもわからない。 このことからも 「新型コロナウイルスの発生時期は2019年」だということが分かりますね。

⚛ かなりヤバイです。 もちろん日本のマスコミで発表される事はないです。 文脈によっては「収束」もあり得る ただし、新型コロナウイルス感染症関連のニュースでも、文脈によっては「収束」の意味になる場合もあります。

6
コロナ検査メーカー各社の注意事項 <感染状態かは判別できない> 本来「感染」とは ウイルスが体内で増殖した寄生状態を指し、例えばインフルエンザでは数十万個以上の増殖があって初めて感染診断となります。

👀 今後はこの医療関係者・専門家は己の尻ぬぐいの為にウイルスは確かに日本には蔓延し感染者も数千人います・・・しかしちゃんと予防できますので全く安心です!的な理解不能な責任逃れの言い分に変えて来ますよ。

14
本当に当たる占いってどこなの?• 自分にできる感染対策を行ない、自分や家族、まわりの人の命を守りましょう。

✋ろくな診療もされず生き殺しにされるのかと思うと可哀想。 異国の地にはいますが、街角で笑顔を交わしあう温かい社会を取り戻せるように、日本と世界の早期の自由の回復を願っています。

18
日本はマスクも義務ではなく、一人一人が今からでも自由に社会を変えることができます。 コロナがいつ終息するか不明だけど 終息したら 次にまた こういうウイルス大流行が来ても その時の人たちが 同じ目に合わないように 感染症を研究する施設や 緊急時に使える病院、人々の行動を制限出来るよう 憲法改正をして欲しい。

😀 この横断性脊髄炎という病気はカでは年間新規症例わずか1400名(人口の0. ただ、通常のインフルエンザと同様、撲滅という訳にはいかず、毎年のように話題にあがりながら、感染予防をしながら付き合っていくことになるのではないでしょうか。

オリンピック開催期間は、7月24日~8月9日です。

☯ 流行は収まりつつあり、アイルランドで患者は確認されていなかった。

8
経済破壊で得する資本家と政府 今回のコロナで、国は苦渋の選択として自粛要請を出し「政府は経済的痛手を負ってまで対策を頑張っている…!」と思っている方もいるかもしれません。 専門家会議が「新しい」を提言した5月4日の前にです。

🤫 原点に返って "死亡者" に着目しよう 検査の特性が分かれば、世界で "感染者(本来は陽性者)" が増える仕組みがお分かり頂けたかと思います。

3
「コロナはいつ終わるのか」と。