🤩 「一段と上手くなったね」「一段ときれいになったね」など、前回と比べて、もしくはここ最近と比べてという意味で使われます。 First World Cup victory added to our happiness. ひとしおの「しお(しほ)」は、染め物を染料につける回数のことで、ひとしおは染料に一回浸すことを意味する。

20
回数の意味で用いる「しお(しほ)」は上代から見られる語で、語源は「湿らす」「濡れる」などを意味する「霑る(しおる)」か、「潮時」「潮合」などの「しお」とされるが未詳。

😋 「ひとしお良い気分です」 スポンサードリンク. メールや手紙などで使う 「喜びもひとしお」の他にもいろいろな「使える大和言葉」があります。

9
「感動もひとしおです」• 漢字が一文字違うと全く異なる意味になるので、注意しましょう。

🤲 染め物は、染料につける回数が多いほど色が濃くもなれば発色も強くなっていきます。 相手との関係性や、現実と付き合わせてどちらの意味で使われているのかを判断する必要があります。 柔らかくやさしい大和言葉をもっと使ってみては 日本語本来の良さを感じる大和言葉の「ひとしお」ですが、大和言葉は全般に風情があり、女性的な優しいイメージを相手に与えるため、思いやりを伝え、コミュニケーションを深める言葉になるのではないでしょうか。

16
何かの影響で感動が増す場合に使うことができます。

🤚 ここでの「ひとしお」は、他の場合と比べて、程度が一層増すさまを意味する副詞です。

10
正しく使えば、気持ちがよく伝わります。 「あなたの成績は社内でも一際」と言えば、目立って良いか目立って悪いかのどちらかです。

😅 一回つける毎に色が濃くなり鮮やかさが増すことから、ひとしおは「ひと際」などを意味する副詞として、平安時代頃から用いられるようになった。

5
これはへりくだりの気持ちも含まれるため、よほどのことでない限り、使わない方が良い言葉でもあるのです。

😋 「喜びもひとしお」の使い方を例文でみて見ましょう。 まさか孫の成人式での着物姿を見ることが出来るなんて喜びもひとしおです。 ですから「一度入れる」という意味を考えれば、「一入」という漢字もしっくり来やすくなるかと思います。

19
料理で使う「一塩」のイメージが強いのですが、「一入」はひときわ、一層、一段といった感動を引き上げる形で使用します。 その他にも「喜びもひとしお」「美味しさもひとしお」などもよく使われています。

👍 リバウンド防止 短期間で痩せてもリバウンドがないように食事指導• では、なぜその「一回入れる=一入」が「一際 ひときわ 、一層」といった意味になったのかというと、染め物を一回染汁につける度に染めた色が濃く鮮やかになっていくことが由来しています。 また 「ひとしお」と「一入」はどちらも読み方や意味は同じですが、醸し出す雰囲気には若干のちがいがあります。

18
「そんなことがあったとはなおさら嬉しいね」「こんなときに体調を崩してしまうとは、なおさら落ちこんでいるだろう」など状況や相手の心情に合わせた使い方ができるので便利です。 「ひときわ優れた成績」は「(誰も太刀打ちできないような)優れた成績」、「ひときわ美しい花」は「(他の花では比べ物にならないくらい)美しい花」という意味が含まれます。

✔ また、電報を打つ場合も「喜びもひとしお」は相応しい使い方です。 「春寒はまだひとしお」は三月ごろの時候の挨拶 手紙の文面で使われる「春寒はまだひとしお」は、3月ごろ寒さと温かさが入り混じる季節に使われる時候の挨拶のひとつで、「春寒」(しゅんかん)とは、立春のあと、冬のような寒さが戻ってくることの意味です。 「感慨もひとしお」は「感慨一入」と書き四字熟語としても使われています。

「喜びもひとしお」の意味 「喜びもひとしお」とは、 喜びがより一層大きいことを意味します。 また、二回つけることは「再入(ふたしお)」、何回も色濃く染め上げることは「八入(やしお)」「百入(ももしお)」「千入(ちしお)」「八千入(やちしお)」といった。

😃 ・人生最高の日を迎え、ご両親におかれましては、今日の喜びもひとしおのことでしょう。

18
目上の方に使う言葉として問題はありませんが、その使い方や頻度には注意しましょう。